文字サイズ
標準
メニュー

消費者志向経営について知る

消費者志向経営とは ~サステナブル経営~

社会的に有用で安全な商品・サービスを開発・提供し、消費者・顧客の満足と信頼を獲得することなくしては、事業活動は継続できないと考えられます。他方、十分な消費者対応がなされることで、消費者・顧客の満足や信頼が高まれば、安心して消費活動が行われます。また、消費者の意見をいかした商品・サービスが提供されることなど、消費者を重視した事業活動が更に行われることにより、相乗効果によって、消費者と事業者による健全な市場の実現が期待されます。
このような観点から消費者庁では、事業者団体、消費者団体と連携し、事業者が消費者を重視した事業活動、すなわち「消費者志向経営」の推進に取り組んでいます。

消費者志向経営は、持続可能で望ましい社会の構築に向けて、自らの社会的責任を自覚して事業活動を行うことを柱の一つとして位置付けており、国際的に取り組んでいる持続可能な開発目標(SDGs)とも関連深いものです。
そこで、消費者庁では、消費者志向経営という言葉と共に「サステナブル経営」という愛称を活用して、取組の更なる普及に努めてまいります。