文字サイズ
標準
メニュー

若宮内閣府特命担当大臣記者会見要旨
(2022年5月24日(火) 9:37~9:40 於:中央合同庁舎第8号館1階S101会議室)

発言要旨

冒頭発言なし

質疑応答

本日、大阪府の吉村知事と面会されると思うんですが、知事が昨日の会見で、アクションプランについて要望をしたいというようなことをおっしゃっていたんですが、現在のアクションプランの検討状況、半年に1回の更新だと思いますが、アクションプランの検討状況というのを教えていただきたいのと、更新される中で、大臣としてここには注目して欲しいという点がありましたら、併せてお願いします。

今おっしゃった「アクションプラン」、「 Ver.1」を昨年末に作らせていただいているかと思いますが、半年に1回更新をしていこうということで、この6月ぐらいが目途になってくると思いますけれども、5月末から6月頭でしょうか、今、「Ver.2」の作成に入っているところでございます。
具体的には、今いろいろな議論をされている中でございますので、この時点で何がというところは、言及は少し控えておきたいなと思いますけれども、自民党の方でも何回かに分けて、いろいろな議論が進んでいるようでございまして、例えばやはり空飛ぶ車ですとか、あるいはエネルギー・環境ですとか、あるいは健康・医療の分野ですとか、あるいはまたデジタルと、こういった分野についての議論が進んでいるようでございます。
また、特にこれから何か、これはどうしてもということが入ってくれば、もちろんそういったものも中に含めて、いろいろ取り込んでいきたいなと思います。
何より私自身が思いますのは、もう3年を切りましたけれども、この3年の間に今時点で何か決めてしまって、それをずっと進めていくというよりは、時代の変化がやはり激しい、速いですから、そういった時代の変化に、速いキャッチアップをしながら、その万博が開会する時に、適時適切な形で、ああ、確かにタイムリーだなと、そんな話題になるようなものもやはり取り込めていければなというふうに思っております。
それから、今日、吉村知事他皆さま方、大阪の方々、関西の方々がお見えくださる予定でございます。面会させていただいて、いろいろなご提案もいただくと思います。そうしていただいたご提案も、もちろんこのアクションプランの方に含めることができる内容がございましたら含めていきたいと思いますが、さすがに今日いただいて、では、このVer.2にすぐ活かされるかどうかというと、日にちも限られてございますので、すぐというのは少し難しいかもしれませんけれども、また逆にその次の年末ぐらいに、次にVer.3というのをたぶん考えてまいるかと思いますので、いずれかの段階では、いいご提案であればどんどん吸収していきたいと思います。
また、広く世の中全体、あるいはいろいろな団体や企業からも様々なご提案があれば、どんどん吸収していきたいなというふうに思っております。