文字サイズ
標準
メニュー

若宮内閣府特命担当大臣記者会見要旨
(2021年11月24日(水) 10:49~10:53 於:中央合同庁舎第4号館2階220会議室)

発言要旨

消費者担当及びデジタル田園都市国家構想担当の大臣としてご報告をさせていただきます。本日24日水曜日、徳島県を訪問いたしまして、消費者庁新未来創造戦略本部、徳島市消費生活センター及び神山町などで視察と意見交換を行う予定でございます。消費者政策の関係では、地方消費者行政の強化や新未来創造戦略本部の施策の推進に向けて、知事との意見交換、また地方の消費生活センターの視察を行います。更に、エシカル消費に取り組む大学の先生や学生との車座対話も行う予定でおります。また、デジタル田園都市国家構想の関係では、サテライトオフィスが集まる町として有名な神山町を訪問させていただき、神山バレー・サテライトオフィス・コンプレックスの視察及びデジタル田園都市国家構想担当大臣としては、初めての車座対話を行う予定でございます。この車座対話では、神山町で地域づくり活動に取り組んでいる方や、移住された方、あるいはサテライトオフィスに勤務される方々から生の声をお聞きして、意見交換をさせていただきたいと、このように思っております。今後、具体的な施策、それから中長期的に取り組んでいくべき施策の全体像については、年内を目途に取りまとめを行う予定でございますが、こうした対話も参考にしながら、デジタル田園都市国家構想の実現に向けて取り組んでまいるつもりでございます。
続きまして、国際博覧会担当の大臣としてご報告をさせていただきます。11月22日に、外務省の賓客として訪日をされましたアセベド・パラグアイ共和国外務大臣より、林外務大臣に対しまして、パラグアイの大阪・関西万博への正式な参加表明をいただきました。これによりまして、累計で64カ国及び5国際機関の参加が公表ということになりました。今後とも、様々な機会を通じまして、招請活動をしっかりと進めてまいりたいと、このように考えているところでございます。

質疑応答

本日、神山町の方にご視察に行かれるということで、ご意見の交換とかをされる中で、特にどんな点を大臣は見たいというか、学びたいかというか、具体的なところを教えていただいてもよろしいでしょうか。

私自身、この神山町は初めてお伺いをさせていただくのですが、今回のこのデジタル田園都市国家構想の担当ということで仰せつかってございますので、まずは、やはりサテライトオフィス・コンプレックス、こういったものが実際どういった形のものなのか。そしてまた、こういった形のものを各地域でもし展開できることが可能であれば、これは非常に大きな意味での、日本全体の都市部と地方との共存共栄ということにも繋がってくるかと思いますし、またこの地方、各地域ごとに、これが世界へ直にダイレクトに繋がることにもなってこようかと思っておりますので、そうしたものを踏まえまして、年末までに取りまとめる方向性というものも、しっかりと取り組み、それからまた良い事例があれば、これを逆にどんどん広げていくということの観点からも、今回の視察は非常に有効だなというふうに考えているところでございます。