文字サイズ
標準
メニュー

保健機能食品について

栄養機能食品特定保健用食品機能性表示食品の詳細は、各ページをご覧ください。

保健機能食品とは

保健機能食品には栄養機能食品、特定保健用食品、機能性表示食品の3種類があります。
国が定めた安全性や有効性に関する基準などに従って食品の機能が表示されている食品です。
医薬品とは異なり、疾病の治療や予防のために摂取するものではありません。

保健機能食品について、もっと詳しく知りたい方は保健機能食品についてのパンフレット等をご覧ください。

栄養や保健機能に関する食品表示制度(保健機能食品以外も含む)は、栄養や保健機能に関する表示制度とはをご覧ください。

保健機能食品を購入・利用する場合のポイント

  • 目に入りやすいキャッチコピーよりも、「成分」と「機能性の内容」を確認しましょう。
  • 【一日当たりの摂取目安量】を確認して摂取しましょう。必ずしも【内容量】と同じとは限りません。
  • 容器包装の【摂取をする上での注意事項】を確認しましょう。
  • 一般的には、主食、主菜、副菜がそろっていると、色々な栄養素をバランスよく摂取することにつながります。
  • その上で、保健機能食品を健康の維持増進のために上手に活用することもできます。

政府インターネットテレビ

動画で見る【外部リンク】

【外部リンク】令和4年度(第3回)食の安全都民講座「表示で読み解くサプリメント(健康食品)」(東京都)

東京都では、「食の安全都民講座」(オンライン配信)において、健康食品の表示の確認方法や利用時の注意点などについて動画でわかりやすく解説しています。令和5年1月16日(月曜日)まで視聴可能です。下記リンク先からご確認ください。(外部のウェブサイトに移動します)

【配信内容】
  • 講演動画1 「この表示、どういう意味?健康食品の表示」
    • 講師消費者庁 食品表示企画課 保健表示室 食品表示調査官
      石井 絵美
  • 講演動画2 「健康食品との上手な付き合い方」
    • 講師昭和女子大学 食健康科学部 食安全マネジメント学科 教授
      梅垣 敬三 氏
  • 事業紹介 「磨け!選択眼」

担当:食品表示企画課