文字サイズ
標準
メニュー

「18歳から大人」特設ページ

2022年4月1日から民法上の成年年齢が20歳から18歳に引き下げられます。
成人になる(成年に達する)と、保護者の同意なしに契約などができるようになり、これまで未成年者取消権が認められていた18歳、19歳の方は、未成年者取消権が認められなくなります。
「18歳から大人」として行動できるよう、関係省庁が連携して取組を推進していきますので、関連する情報を掲載します。

新着情報

消費者庁「18歳から大人」Twitter情報

成年年齢引下げに関連する情報、若年者の消費者トラブル防止に資する情報やイベント・コンテンツ情報等を、消費者庁「18歳から大人」Twitter(#18歳から大人)で発信します。

消費者庁「18歳から大人」Twitterはこちら

教材

消費者庁

「18歳から大人」4省庁クレジット入り啓発チラシ

「18歳から大人」4省庁クレジット入り啓発チラシを作成しました。
「新生活スタート応援!」のスタンプあり・スタンプなしの2種類(どちらも裏面は同じものです)。

社会への扉 ― 12のクイズで学ぶ自立した消費者―(高校生(若年者)向け消費者教育教材 生徒用教材・教師用解説書)

中学生向け消費者教育プログラム:「指導者用解説書」、「支援ツール(パワーポイント、学習プリント)」

消費者庁の令和2年度事業「中学生を対象とした消費者教育プログラム開発に関する検討会」において作成された中学生向けプログラムです。
※それぞれの教材は、お手元のパソコンに保存したうえで内容をご覧ください。

他省庁、独立行政法人国民生活センターの報道資料、TOPICS

動画

消費者庁

ゆりやんレトリィバァのラップ動画

「身近な契約のチェックポイント」、「未来のためにできるちょっとイイこと エシカル消費」

コンビニでの買物、SNSの投稿...何気ない行為に伴う契約のチェックポイントについて考えてみませんか。(TOTAL」5分50秒)

「未来のためにできるちょっとイイこと始めませんか?」いつもの生活の中の「エシカル消費」を見直してみましょう。(TOTAL:5分5秒)

法務省

「コントで学ぶ成年年齢引下げ」(MOJchannel)

画像:成年年齢引下げいつから?
画像:成年年齢引下げ 変わること、気を付けるべきこと
画像:成年年齢引下げ これからの若者

担当:消費者教育推進課