文字サイズ
標準
メニュー

エシカル消費普及・啓発活動

消費者庁では、2015年5月から2年間にわたり「倫理的消費」調査研究会を開催し、人や社会・環境に配慮した消費行動「倫理的消費(エシカル消費)」の普及に向けて幅広い調査や議論を行いました。今後は、研究会での議論を踏まえ、様々な主体と連携を図りながら、普及・啓発の取組を実施していきます。

「倫理的消費(エシカル消費)」とは?

消費者それぞれが各自にとっての社会的課題の解決を考慮したり、そうした課題に取り組む事業者を応援しながら消費活動を行うこと。2015年9月に国連で採択された持続可能な開発目標(SDGs)のゴール12に関連する取組です。

持続可能な開発目標(SDGs)の12番目は「つくる責任 使う責任」
2015年9月の国連総会で決められた国際的な17の目標のなかにも、貧困や飢餓、エネルギー、気候変動、平和的社会などと併せて、「持続可能な生産・消費形態の確保」が掲げられています。

AIデータをご希望の方は、お問い合せ下さい。

普及・啓発シンポジウム「エシカル・ラボ」

全国各地でエシカル消費の取組が広がっています。「エシカル・ラボ」は、エシカル消費の概念の普及や多様な主体によるムーブメントづくりを目的としたシンポジウムで、各都道府県における、エシカル消費の取組のスタートやさらなる機運醸成のきっかけとなることを目指してます。

その他の普及・啓発活動

消費者庁では、「エシカル・ラボ」の他にも、エシカル消費に関するイベントを開催するとともに、エシカル消費の普及・啓発に積極的に取り組む団体や事業者、学生の皆さんと協働し、ムーブメントづくりに取り組んでいます。

エシカル消費に関する取組事例

エシカル・ラボなど消費者庁が開催したイベントに登壇いただいた取組や、消費者庁として参加したイベントや地方公共団体主催のイベントで消費者庁職員が把握した学生、各種団体、事業者等の取組を中心に掲載しています。
いずれも消費者庁職員が取材を行い、それぞれの主体が実施している取組のうち、「エシカル消費」につながる取組を取り上げています。
消費者庁として「優良事例」との認定を行っているものではなく、広く、「エシカル消費」に取り組みたい方々に参考にしていただくため、数多くの事例を発信していく方針です。
今後掲載事例を増やしていく予定ですので、御自身の取組を紹介していただける場合は、その旨御連絡ください。消費者庁職員が取材させていただき、自社製品・サービスの宣伝を目的とするものでないことを確認させていただいた上で、事例として発信してまいりたいと考えています。

【エシカル消費事例受付窓口】
g.ethical.case■caa.go.jp
※メール送信の際には、■を@に入れ替えてください。

そのほかエシカル消費に関連する事例として下記のようなページもあります。

消費者行政新未来創造オフィスにおけるエシカル消費に関する取組

消費者行政新未来創造オフィスでは、徳島を実証フィールドとしてエシカル消費に関する情報収集と発信を行っています。また、徳島県内におけるエシカル消費についての認知・理解を把握するため、意識調査を実施しています。

エシカル消費に関する関連サイト

担当:消費者教育・地方協力課