文字サイズ
標準
メニュー

令和3年度食品ロス削減推進大賞

画像:食品ロス削減推進大賞

1.概要

消費者等に対し広く普及し、波及効果が期待できる、食品ロス削減の推進に資する取組を行った者に対して表彰を行うことにより、食品ロス削減の取組を広く国民運動として展開していくことを目的として、表彰を行います。

2.募集の対象(自薦及び他薦を問いません)

消費者等に対し広く普及し、波及効果が期待できる、食品ロス削減の推進に資する取組を行った者とします。なお、地方公共団体については、地方公共団体以外の者と連携して行った取組を対象とし、推薦は連名で行っていただきます。

3.審査

食品ロス削減の推進に関する有識者等で構成される「令和3年度食品ロス削減推進大賞審査委員会」において、選考基準に基づき、審査を行います。

(1)食品ロス削減推進大賞選定会議委員(五十音順・敬称略)

蟹江 憲史
慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科 教授
小林 富雄
愛知工業大学経営学部 教授
食品ロス削減推進会議 委員
ドギーバッグ普及委員会 委員長
長沢 美津子
朝日新聞 編集委員
食生活ジャーナリストの会 会員
馬場 裕之
お笑いトリオ ロバート
増田 悦子
公益社団法人全国消費生活相談員協会 理事長
村井 正親
消費者庁政策立案総括審議官

(2)選考基準

A.貢献・成果
食品ロス削減推進の取組としての貢献、成果が顕著であるか。
B.波及・将来性
取組が消費者等に広く普及し、波及効果を有するものか。あるいは将来普及し、波及することが強く期待できるか。
C.具体性
取組範囲の広さ、地域における連携、地域の実情に応じた取組であるか、消費者等の行動の変化につながるものであるかなど、具体的な取組を行っているか。
D.先進性
取組が他に先んじて実施されたものか。他の個人、団体等のモデルとなり得る内容であるか。
E.継続性
今後、取組を継続させるための工夫をしているか。

4.表彰

内閣府特命担当大臣(消費者及び食品安全)が行う表彰 5点以内

消費者庁長官が行う表彰 5点以内

食品ロス削減推進大賞審査委員会委員長賞 5点程度

5.主催

消費者庁

6.後援

農林水産省、環境省、文部科学省、厚生労働省、経済産業省

7.募集締切

令和3年9月3日(金曜日)必着

令和3年度食品ロス削減推進大賞の募集を締め切りました。
たくさんのご応募をいただき、ありがとうございました。
結果の公表は、10月中旬を予定しております。

8.推薦方法及び応募書類の提出先

専用の推薦調書様式をダウンロードし、必要事項を記入の上、添付書類を添えて、以下消費者庁特設サイト「めざせ!食品ロスゼロ」内の食品ロス削減推進大賞応募フォームからお申込みください。

  • https://www.no-foodloss.caa.go.jp/promotion_award.html

9.応募関係書類

10.利用規約

応募に伴う個人情報については行政機関の保有する個人情報の保護に関する法律(行政機関個人情報保護法)及び当庁ウェブサイトに掲載しているプライバシーポリシーに従って当庁で適正に管理し、本件以外に使用することはありません。

11.その他

担当:消費者教育推進課