文字サイズ
標準
メニュー

雑貨工業品品質表示規程(十八 かばん)

別表第二(第二条関係)

十八かばん

  1. (一)皮革の種類の表示に際しては、その品質を適正に表示すること。特に次の表の上欄に掲げるかばんについては、その種類に応じそれぞれ同表の下欄に掲げる用語を用いて表示することとし、これ以外のかばんには、これらの用語又はこれらの用語と紛らわしい用語を用いて表示をしてはならない。
    かばんの種類 用語
    取っ手その他の付属品が取り付けられていない状態における外面(たれで被覆される部分を除く。)の面積(以下単に「外面積」という。)の六十パーセント以上が表皮付きの牛革のもの 牛革
    外面積の六十パーセント以上が表皮付きの馬革のもの 馬革
    外面積の六十パーセント以上が表皮付きの豚革のもの 豚革
    外面積の六十パーセント以上が表皮付きの羊革のもの 羊革
    外面積の六十パーセント以上が表皮付きのやぎ革のもの やぎ革
    外面積の六十パーセント以上が表皮付きの牛革及び馬革のもの 牛革・馬革混用
    外面積の六十パーセント以上が表皮付きの馬革及び豚革のもの 馬革・豚革混用
    外面積の六十パーセント以上が表皮付きの牛革、馬革及び豚革のもの 牛革・馬革・豚革混用
    外面積の六十パーセント以上が牛、馬又は豚の床革のもの 床革
  2. (二)取扱い上の注意の表示については、次に掲げる事項について、本体(その容器)又はこれに貼り付けたラベル等、消費者に見やすい箇所に分かりやすく表示すること。
    1. 素材にあったクリーナー、クリームや中性洗剤等で手入れをする旨。
    2. 濡れたときは、陰干しで乾かす旨。
    3. 保存するときは、湿度の高い場所を避ける旨。
  3. (三)表示には、表示した者の氏名若しくは名称及び住所若しくは電話番号又は経済産業大臣の定めるところによりその承認を受けた番号を付記すること。
  4. (四)表示は、かばんごとに、消費者の見やすい箇所に分かりやすく記載すること。

担当:表示対策課