文字サイズ
標準
メニュー

Vol.597 7月25日から7月31日は「子どもの事故防止週間」!

画像:令和4年度子どもの事故防止週間ポスター。皿洗いをしていたお父さんが、転落しそうになった子どもに気づき、スーパーマンに変身したお父さんが子どもを助けたイラストと「ナイスキャッチ」「でも明日は変身しなくてもいいように...」の文字。:「子どもの事故防止週間。期間 令和4年7月25日 (日曜)から31日 (日曜)。転落は事前の対策が大切です。

消費者庁を含む関係10府省庁では、7月25日(月)から7月31日(日)までを「子どもの事故防止週間」として、ポスターやSNSなどを通じて、子どもの事故防止のポイントを呼び掛けていきます。

消費者庁からは、子どもの転落事故について注意を呼び掛けます。

転落事故は落ち始めて地面に着くまであっという間です。見守りは大切ですが、保護者が常に目を離さずにいることは難しく、仮に見ていてもすぐそばにいなければ拾い上げることは困難です。重大な事故を防ぐためには、子どもの転落事故の特徴を知り、事前の対策を取ることが大切です。

<子どもの転落事故の特徴>
  • 発達段階によって事故が起こりやすい場所や状況が変わる
  • 頭部から落下しやすい(小さな子どもは体の大きさに比べて頭が大きく重心の位置が高い)
  • 思わぬところに登ろうとしたり、いろいろな遊び方をする
<子どもの転落事故を防止するためのポイント>
【遊具からの転落】
  • 施設や遊具の対象年齢を守る
  • 6歳以下の幼児には保護者が付き添う
  • 危険な遊び方をさせない
  • 子どもの服装や持ち物に注意する(引っ掛かるおそれ)
  • 天候にも気を付ける(高温、雨による滑り等)
  • 遊具の不具合や破損があれば、利用を控えて管理者に連絡する
【家具等からの転落】
  • できるだけベビーベッドに寝かせ、転落防止用の柵は常に上げる
  • 転落の二次的な事故を防ぐために、けがや窒息につながる物を周囲に置かない
  • 乳幼児用製品は取扱説明書に従いベルト等を適切に使用する
  • 一時的であってもテーブル等の高さのある所に寝かせない
【抱っこ・おんぶ等からの転落】
  • おんぶや抱っこをする時・降ろす時は低い姿勢で行う
  • 抱っこひもで前にかがむ際は、必ず子どもを手で支える
  • 抱っこひものバックル類の留め具やベルトの緩みを確認する
【階段等からの転落】
  • ベビーゲートを正しく取り付け、常に閉めてロックをかける
  • 設置したベビーゲートは定期的に確認する
  • ベビーゲートの対象年齢を超えたら使用をやめる
【窓・ベランダ等からの転落】
  • 子どもが勝手に窓を開けたり、ベランダに出たりしないように、窓には子どもの手の届かない位置に補助錠を付ける
  • 窓やベランダの手すり付近に足場になるようなものを置かない
  • 窓、網戸、ベランダの手すり等に劣化がないか定期的に点検する
  • 小さな子どもだけを家に残して外出しない
  • 窓を開けた部屋やベランダでは小さな子どもだけで遊ばせない
  • 窓枠や出窓に座って遊んだり、窓や網戸に寄りかかったりさせない
【子ども向けの製品を入手する際の注意点】
  • 安全に配慮された製品を選ぶ
  • 中古品は製品の状態をよく確認し、取扱説明書も同時に入手
(参考)

担当:消費者安全課