文字サイズ
標準
メニュー

ゆたんぽを安全に正しく使用しましょう! -ゆたんぽの破損・破裂等によりやけど事故が発生しています-

画像:湯たんぽを布団の中にいれている女性のイラスト

出典:一般財団法人製品安全協会

事故情報データバンクには、ゆたんぽに関連する事故情報が平成27年11月から令和2年10月までに108件寄せられており、うち68件がやけど事故で、その中でも治療に1か月以上かかっている重傷事故が31件発生しています。

ゆたんぽによる事故は、12月から2月にかけて多く発生しています。これは、寒くなるにつれ、ゆたんぽの使用機会も多くなることによるものと予想されます。ゆたんぽにはいくつか種類があり、それぞれ注意点が異なりますので、以下の点を守り、取扱説明書や注意表示をよく読んで使用しましょう。

  1. (1)使用前によく点検し、亀裂や破損がないか確認しましょう。製品の異常に気付いたら使用を中止しましょう。
  2. (2)製品ごとに指定された加熱方法、加熱時間を守って加熱しましょう。
  3. (3)長時間身体に接触させないようにしましょう。また、就寝時に布団を暖めるため使用する際は、就寝前に布団から出しましょう。
  4. (4)御家庭にあるゆたんぽがリコール対象になっていないか確認しましょう。

消費者庁公表資料

過去の消費者庁公表資料

参考

安全啓発資料(動画)

独立行政法人製品評価技術基盤機構

担当:消費者安全課