文字サイズ
標準
メニュー

沖縄本土復帰50周年記念 消費者行政シンポジウムについて

消費者庁は、下記のとおりシンポジウムを開催しますのでお知らせします。

詳細

日時

令和4年6月14日(火)13:30~19:45

第1部
消費者行政50年シンポジウム(13:30~16:20)
全体 テーマ:「消費者問題の半世紀と消費者行政の歩み」
第2部
消費者行政国際シンポジウム(17:00~19:45)
全体テーマ:「変わりゆく「消費者」~「事業者」との境界~」
場所
  • 沖縄県市町村自治会館2階ホール(沖縄県那覇市旭町116-37)
    • 新型コロナウイルス感染症予防のため、会場に入れるのは招待者のみとなります。
      オンライン上でライブ配信を行いますので、是非、ご覧ください。
後援
沖縄県、日本消費者法学会、日本消費者教育学会、日本消費者政策学会

次第

1.消費者行政50年シンポジウム

13:30-13:35
開会挨拶 若宮 健嗣 内閣府特命担当大臣(消費者及び食品安全)(ビデオメッセージ)
13:35-14:45
基調講演
13:35-14:20
講演者:田口義明 名古屋経済大学名誉教授
「我が国50年の消費者行政」
14:20-14:45
講演者:奥間 政 沖縄県消費生活センター室長(消費・くらし安全課長)
「沖縄県における消費者行政の歴史」

(休憩)

15:00-16:20

パネルディスカッション
「消費者行政の50年を踏まえ、これから取り組むべき課題」

モデレーター:
伊藤 明子 消費者庁長官
パネリスト:
河上 正二 東京大学名誉教授、日本消費者法学会理事長
中川 丈久 神戸大学大学院法学研究科教授
保木口 知子 独立行政法人国民生活センター理事
コメンテーター:
田口 義明 名古屋経済大学名誉教授
奥間 政 沖縄県消費生活センター室長(消費・くらし安全課長)
16:20
閉会、休憩

2.消費者行政国際シンポジウム

17:00-17:05
開会挨拶 伊藤 明子 消費者庁長官
17:05-18:20
日本及び欧米(フランス・イギリス・アメリカ)の有識者等による基調講演
17:05-17:30
講演者:Jérôme Julienトゥールーズ第1大学教授(事前収録)
" Les notions de professionnel et de consommateur sont-elles étanches ? Le professionnel consommateur et le consommateur professionnel".
タイトル仮訳「事業者・消費者概念は漏れがないものなのか? 事業者的消費者と消費者的事業者について」
17:30-17:45
講演者:Genevieve Wibaux DGCCRF 3A前部長(事前収録)
"Notion de consommateur et de professionnel en droit de la consommation en France"
タイトル仮訳「フランス消費者法における事業者と消費者の概念」
17:45-18:00
講演者:Mateja Durovic ロンドン大学キングスカレッジ准教授(事前収録)
"Consumer Law and Policy in the UK"
タイトル仮訳「イギリスにおける消費者法と政策」
18:00-18:10
講演者:Omri Ben Shahar シカゴ大学ロースクール教授(事前収録)
"Beyond Disclosure: a New Approach to the Regulation of Consumer Data"
タイトル仮訳「開示のその先:消費者データ規制への新しいアプローチ」
18:10-18:20
講演者:日下部 英紀 消費者庁審議官(新未来創造戦略本部次長)(事前収録)
「取引のデジタル化に伴う新たな問題への対応-消費者概念との関連を中心にー」

(休憩)

18:30-19:40
パネルディスカッション
「「消費者/事業者」のゆらぎと実務における課題・対応」
モデレーター:
大澤 彩 法政大学法学部教授
パネリスト:
Jérôme Julien トゥールーズ第1大学教授
安井 裕之 シェアリングエコノミー協会公共政策部長
二之宮 義人 弁護士、前内閣府消費者委員会事務局長、沖縄振興開発金融公庫監事
小田 典靖 消費者庁消費者制度課政策企画専門官
19:45
閉会

※次第、登壇者は急遽変更になる場合があります。

公表資料

担当:新未来創造戦略本部