文字サイズ
標準
メニュー

被害にあったら

消費生活相談窓口

イラスト:「お試し購入のはずだったのに、2回目、3回目が届いた...(「2回目から値段が高い...」と話している男性と商品のイラスト)、「必ず儲かる」、「楽して稼げる」って誘われたけど...話が違う...お金がかかるし、損してばっかり...、SNSで知り合った人と別れたくなくて、勧められるまま、高価なものを買ってしまった...、このようなことで、困った時は「消費生活相談窓口」に相談してください。

困ったな、不安だなと感じた時には「消費者ホットライン」188番へお電話ください。

「消費者ホットライン」188 御案内の流れ

郵便番号等[注1]をご入力いただくことで、お近くの市区町村や都道府県の消費生活センター等の消費生活相談窓口をご案内いたします。

[注1]電話の市外局番ではありません。誤った地域につながりますのでご注意ください。

イラスト:操作について。188を押す。「こちらは消費者ホットラインです。最寄りの相談窓口をご案内いたしますので、お住まいの郵便番号が分かる方は1を、そうでない方は2を押してください。」とアナウンスされる。1お住いの郵便番号が分かる方1を押す。「お住いの郵便番号を7桁で入力してください。」というアナウンスの後、お住いの郵便番号を入力。3へ。2お住いの郵便番号が分からない方2を押す。固定電話からおかけの場合、「お住いの地域を選択してください。○○市は1を、○○市は2を...押してください。」というアナウンスの後、案内に従って番号を入力。3へ
携帯電話からおかけの場合、3へ。3「現在相談を受け付けている最寄りの相談窓口へおつなぎいたします。この通話は、○○秒ごとに、およそ○○円の通話料金でご利用いただけます。」というアナウンスの後、最寄りの消費生活センター等をご案内いたします。市区町村の窓口が開所していない場合など、都道府県の窓口をご案内することもあります。※窓口が開所していない時間帯などは、窓口の名称、電話番号及び受付時間のアナウンスが流れます。[注]相談窓口へつながった時点から、通話料金のご負担が発生します(相談は無料です。)

その他の相談窓口

土日祝日についても、市区町村や都道府県の消費生活センター等が開所していない場合には、国民生活センターで相談を補完するなど、年末年始(12月29日~1月3日)を除いて原則毎日ご利用いただけます。

【お知らせ】2021年9月25日(土)、26日(日)は、国民生活センターのシステム変更作業のため、国民生活センターにつながりません。

平日バックアップ相談(国民生活センター)

消費者ホットラインが話中でつながらない場合、国民生活センターの「平日バックアップ相談」もご利用いただけます。

電話番号:03-3446-1623 おかけ間違いのないよう、番号をご確認のうえお電話ください。
受付時間:平日の10時~12時/13時~16時

国民生活センター越境消費者センター(CCJ)(国民生活センター)
海外事業者との買物で生じた消費者トラブルに関する相談窓口です。

担当:地方協力課