文字サイズ
標準
メニュー

食品安全に関する取組

食品安全に関する新着情報(報道発表・トピックス等)

食品安全に関する法律(消費者庁関連)

食品安全基本法

平成15年、食品安全行政にリスクアナリシス(リスク分析)の考えを導入した食品安全基本法が成立しました。それ以後、食品の安全性の確保は「国民の健康の保護が最も重要」という基本的認識の下に、各般の措置が講じられることとしています。


食品衛生法

食品衛生法では、厚生労働大臣が、食品若しくは添加物の成分に関する規格を定めようとするとき、あらかじめ消費者庁に協議することとされています。消費者庁では、消費者から寄せられる事故情報、健康被害情報など、実際に発生した客観的な情報をもとに、消費者の目線にたって検討を行います。

食品安全に関するリスクコミュニケーション(意見交換会)

食品の安全性を確保するためには、リスク評価、リスク管理とリスクコミュニケーションを一体として進めることが必要です。消費者庁では、関係府省庁と連携して、リスクコミュニケーションの推進を図ります。

  • 「リスクコミュニケーション」とは、リスク評価やリスク管理を含むリスクアナリシス(リスク分析)の過程において、消費者、事業者、行政機関など関係者の間で相互に情報や意見を交換することです。

平成27年度

平成26年度

平成25年度

平成24年度

平成23年度

平成22年度

関係府省の開催状況

食品安全に関するパンフレット等

その他(関係省庁リンク等)

担当:消費者安全課