文字サイズ
標準
メニュー

特集:子どもを事故から守る!プロジェクト

我が国では、窒息や溺水などの不慮の事故によって、14歳以下の子どもが毎年300人以上亡くなっています。
こうした事故を可能な限り防止するために、消費者庁は関係府省庁と連携し「子どもを事故から守る!プロジェクト」を推進しています。
子どもの事故防止に関する注意ポイントなど様々な情報を発信していますので、どうぞ御活用ください。

平成29年度 子どもの事故防止週間

子どもと一緒にお出かけをする機会が多い季節ですが、外出時の事故、例えば、海、川、プールでの事故や、公園等の遊具での事故、ベビーカーや抱っこひも使用時の思わぬ事故に注意が必要です。
子供の事故防止に関する関係府省庁連絡会議(内閣府、警察庁、消費者庁、総務省消防庁、文部科学省、厚生労働省、農林水産省、経済産業省、国土交通省の9府省庁で構成)は、平成29年度より「子どもの事故防止週間」を設け、外出時の事故を防ぐためのポイントを、様々な方法で呼びかけていきます。

  1. 1.実施期間: 平成29年5月22日(月)~5月28日(日)
  2. 2.重点テーマ(周知・啓発メッセージ)
    「外出時の子どもの事故に気を付けて、安全にお出かけを楽しみましょう!」
    1. (1)「海、川、プールでは安全に遊びましょう」
    2. (2)「公園等の遊具は安全に正しく使いましょう」
    3. (3)「外出時に、乳幼児が使用する製品等は、安全に正しく使いましょう」
  3. 3.公表資料

子どもの事故防止に関する過去の注意喚起

消費者庁では、 「予防」の観点に立って「子どもを事故から守る」ことに取組みます。

子どもの事故防止に関する関係府省庁の取組

子どもの事故防止に関する、消費者庁と関係府省庁の事故防止の取組を紹介しています。

子供の事故防止に関する関係府省庁連絡会議

子供の事故防止に関して、関係府省庁は情報交換、啓発活動、事故防止の取組推進のための方策等について検討しています。
詳細はこちらから→

担当:消費者安全課