文字サイズ
標準
メニュー

消費者基本計画等

消費者の利益の擁護及び増進に関する基本的な政策

消費者基本法

消費者基本法は、「消費者の権利の尊重」と「消費者の自立支援」を基本理念とした、消費者政策の基本となる事項を定めた法律です。平成16年に「消費者保護基本法」(昭和43年法律第78号)が改正され、「消費者基本法」となりました。

消費者基本計画等

平成27年度以降の消費者基本計画について

「消費者基本計画工程表」改定素案に関する意見募集について

募集期間 意見募集要領 工程表(素案)

平成28年
4/21~5/20


[PDF:134KB]

[PDF1.3MB]
決定年月日 消費者基本計画
(閣議決定)
消費者基本計画工程表
(消費者政策会議決定)
意見募集の結果 消費者基本法第9条
(抜粋)
平成27年3月24日

[PDF:543KB]

[WORD:96KB]※

[PDF:1MB]

[WORD:675KB]※


[PDF:663KB]

[PDF:34KB]

※ WORD2007以降でご利用できます。

平成22年度~26年度の消費者基本計画について

詳細はこちら

平成17年度~21年度の消費者基本計画について

詳細はこちら

消費者安全の確保に関する基本的な方針について

その他の施策の方針

担当:消費者政策課