文字サイズ
標準
メニュー

若年者向け消費者教育の取組について

消費者庁では、平成29年3月に高校生(若年者)向け消費者教育冊子教材「社会への扉」を作成しました。
本教材は、成年年齢の引下げの動きも踏まえ、消費者が主役の社会の一人として行動できるような、自立した消費者を育成することを目指しています。

消費者教育教材「社会への扉」の徳島県における活用事例集

消費者庁は、消費者行政新未来創造オフィスのプロジェクトとして、平成29年度、徳島県内の全ての高等学校等56校で、「社会への扉」を配付し、同教材を活用した授業を実施しました。
本事例集は、授業参観ができた20校(全日制、定時制、高等専門学校、特別支援学校)について、各先生が試行錯誤や工夫の上、実施された授業例を広く全国に紹介することで、各高等学校、特別支援学校等における実践的な消費者教育の取組の参考にしていただくことを目的として作成したものです。先生によって教え方が違うように、「社会への扉」の活用方法は、それぞれの学校で異なり、多種多様であったところ、本事例集は活用方法の1例を示したものです。

PDF形式

「社会への扉」を活用したデモンストレーション授業について

「消費者庁作成教材「社会への扉」を活用した授業実践報告会について

フォトレポート

担当:消費者行政新未来創造オフィス