文字サイズ
標準
メニュー

便乗悪質商法の注意喚起!

新型コロナワクチン詐欺等の便乗悪質商法に注意!

【新型コロナワクチンに便乗した詐欺に御注意ください!】

新型コロナウイルス感染症に係るワクチン接種のために必要とかたり、金銭や個人情報をだましとろうとする電話に関する相談が消費生活センターへ寄せられています。
市区町村等が、ワクチン接種のために金銭や個人情報を電話・メールで求めることはありません。

各自治体等でワクチン接種が進められていますが、以下のようなワクチン接種の予約代行に関する相談事例が見られます。「金銭の支払」や「個人情報の提供」を行う際には、十分御注意ください。

  • 【予約代行に関する相談事例】
    • 「予約代行する」と市役所職員を名乗った人が自宅に訪ねてきた
    • 「金銭を払えば予約代行する」という怪しい電話があった

ワクチン接種機関をかたり、予約サイトに似せた偽サイトへ誘導し、クレジットカード情報の入力を求めるメールが確認されています。ワクチン接種の予約に当たり、公的機関がクレジットカード情報を求めることはありません。

困ったときは一人で悩まず、消費者ホットライン188に御相談ください。
また、新型コロナワクチンに関する情報は、首相官邸ウェブサイト厚生労働省ウェブサイト国民生活センター(ワクチン接種を口実にした消費者トラブル事例等)にて掲載されております。併せて御確認ください。

  • 表面
    画像:行政機関等をかたったワクチン詐欺にご注意。コロナワクチン接種に便乗して行政機関等になりすます事例が発生しています。ワクチン接種は無料です。市区町村等が電話・メールで個人情報を求めることはありません。
  • 裏面
  • 画像:「自分は大丈夫。」をやめよう。コロナ禍における詐欺・トラブルに遭った約80%の人が「自分は大丈夫。」と思っていました。困った時は、一人で悩まずに「消費者ホットライン」188(いやや)にご相談ください。最寄りの消費者センターや消費者相談窓口につながり、専門の相談員がトラブル解決を支援します。

コロナ禍における詐欺・トラブルに関する注意喚起

政府広報テレビCM

他省庁等