文字サイズ
標準
メニュー

テイクアウト等を利用するときのポイント

最終更新:令和2年7月1日

はじめに

新型コロナウイルス感染症対策としての「新しい生活様式」の普及に伴い、外食の機会が減少し、ご家庭で食事をする機会が増えている方も多いのではないでしょうか。 このような状況の中でテイクアウトやデリバリーを利用される機会も増えていることと思います。
夏期は気温と湿度が高くなり、料理が傷みやすい時期ですので、テイクアウト等を利用して食事をするときのポイントに気を付けて、安全な食生活を送りましょう。

テイクアウト等を利用するときのポイント

食中毒の予防には時間と温度の管理が重要です。テイクアウト等は、店で食べるときと比べて、調理してから食べるまでの時間が長くなります。さらに、夏期は気温と湿度が高くなり、食品による事故が起こるリスクが高くなるので、以下のポイントに注意しつつ、安全な食生活を送りましょう。

  • <ポイント>
    • 食品を購入したらすぐに帰宅し、長時間持ち歩かないようにしましょう。
    • 持ち帰ったら、すぐに食べましょう。すぐに食べない場合は、冷蔵庫で保存する等、長時間常温で放置しないようにしましょう。
    • 再加熱するときは中心までしっかり加熱しましょう。
    • 食べる前にはしっかり手洗いをしましょう。

参考

担当:消費者安全課