文字サイズ
標準
メニュー

第2部 第1章 消費者事故等に関する情報の集約及び分析の取りまとめ結果等

第2部 消費者問題の動向及び消費者政策の実施の状況

第1章 消費者事故等に関する情報の集約及び分析の取りまとめ結果等

本章では、第1節において、消費者安全法に基づいて、消費者庁に通知された消費者事故等に関する情報を取り上げます。

第2節では、消費生活用製品安全法等の規定に基づき消費者庁に寄せられる事故情報や危害・危険に関する相談の動向、生命・身体に関する事故情報について取り上げます。さらに、2018年度に消費者庁や国民生活センターが行った消費者に向けた最近の主な事故事例等の注意喚起のうち、いくつかの具体的な事故情報を紹介します。

第3節では、全国の消費生活センター等(注1)に寄せられた消費生活相談について、年齢別や性別にみた相談の動向、相談の多い商品やサービス等を概観します。

第4節では、最近相談が急増した、はがきによる架空請求の問題を始めインターネットや情報通信に関連するトラブル、高齢者が巻き込まれる詐欺的なトラブル等に関する消費生活相談の内容を紹介します。

第5節では、最近の消費者被害・トラブルに関する意識と経験についてのアンケート結果や、2018年の社会全体の消費者被害・トラブル額の推計結果を紹介します。

第6節では、商品やサービスを選択するに当たっての消費者の意識・行動、消費者被害・トラブルについての認識等を紹介します。


  • 注1:国民生活センター並びに都道府県、政令都市及び市区町村の消費生活センターや消費生活相談窓口

担当:参事官(調査研究・国際担当)