文字サイズ
標準
メニュー

第1部 第1章 消費者を取り巻く環境の変化と消費者問題

第1部 【特集】消費者庁及び消費者委員会設立10年~消費者政策の進化と今後の展望~

第1章 消費者を取り巻く環境の変化と消費者問題

消費者庁及び消費者委員会の設置から10年となる2019年は、30年余りにわたる「平成」の最後の年、「令和」という新たな時代の幕開けの年でもあります。本章では、この10年間における消費者政策を概観し、新たな時代における消費者政策の在り方を展望する上での前提として、平成元年である1989年以降における消費者を取り巻く環境の変化について振り返ることにより(注1)、消費者庁及び消費者委員会のこれまでの取組の背景となる社会経済情勢の変化と消費者問題の動向について浮き彫りにしていきます。


  • 注1:統計等のデータについて入手に制約がある場合は、利用可能な年からのデータを示している。

担当:参事官(調査研究・国際担当)