公益通報検索結果

法律名 消費者の財産的被害の集団的な回復のための民事の裁判手続の特例に関する法律(平成25年法律第96号)
法律の概要 消費者契約に関して相当多数の消費者に生じた財産的被害について、消費者と事業者との間の情報の質及び量並びに交渉力の格差により消費者が自らその回復を図ることには困難を伴う場合があることに鑑み、その財産的被害を集団的に回復するため、特定適格消費者団体が被害回復裁判手続を追行することができることとすることにより、消費者の利益の擁護を図り、もって国民生活の安定向上と国民経済の健全な発展に寄与することを目的とする。
通報対象の
キーワード
消費者裁判手続特例法 消費者被害回復裁判特例法 消費者被害回復特例法 消費者裁判特例法 消費者特例法 消費者集団訴訟 消費者財産回復 消費者財産被害救済 特定適格消費者団体 特定消費者団体 消費者一括救済 消費者トラブル 
通報(相談)先 通報(相談)先となる行政機関 通報(相談)先 備考
違反者・事業者の所在地を管轄する捜査機関 都道府県警察本部(別添一覧) 罰則(法93条〜96条。過料を除く。)
消費者庁 総務課
公益通報・相談窓口
住所:〒100-6178
千代田区霞が関3-1-1
電話:03-3507-8800(大代表)
内線2209
【参考】
全国の消費生活センター
最寄りの消費生活センター
(消費生活センターの連絡先が分からないときは188番に電話)
消費者契約に関する問合せは、公益通報ではなく消費生活相談になります。