文字サイズ
標準
メニュー

宮腰大臣の活動(フォトレポート)

宮腰大臣が消費者問題に関する「わたしの提言」論文賞の内閣府特命担当大臣賞受賞者との意見交換を行いました(平成31年1月16日)

  • (写真)村田さんと意見交換をする宮腰大臣
    村田さんと意見交換をする宮腰大臣
  • (写真)村田さん、島谷理事長と記念撮影
    村田さん、島谷理事長と記念撮影

平成31年1月16日、宮腰大臣は公益社団法人消費者関連専門家会議(ACAP)が行った消費者問題に関する「わたしの提言」論文賞において、内閣府特命担当大臣賞(最優秀賞)を受賞した村田弘子氏(鳥取県金融広報委員会金融広報アドバイザー)及びACAPの島谷理事長と意見交換を行いました。
村田弘子氏からは、児童養護施設の入所児童に対して幼児期から金融教育講座を継続的に実施した経験を踏まえた、世代横断的な金融教育の必要性についてお話をお伺いし、宮腰大臣からは、「消費者教育、とりわけ金銭教育は、出来るだけ子どもの頃から積極的に取り組む必要があり、その意味でも村田さんの取組は非常に重要。これを1つのモデルとして、児童養護施設のお子さんに対する取組など、今後しっかり検討していきたい。」旨述べました。

宮腰大臣がキャラバンの一環で香川県を訪問しました(平成31年1月10日)

  • (写真)大西高松市長から消費者行政の現状について説明を受ける宮腰大臣
    大西高松市長から消費者行政の現状について
    説明を受ける宮腰大臣
  • (写真)高松市消費生活センターの職員及び相談員と意見交換を行う宮腰大臣
    高松市消費生活センターの職員及び相談員と
    意見交換を行う宮腰大臣
  • (写真)香川県消費生活センターの視察を行う宮腰大臣
    香川県消費生活センターの
    視察を行う宮腰大臣
  • (写真)浜田香川県知事に消費者行政の充実について要請する宮腰大臣
    浜田香川県知事に消費者行政の充実について
    要請する宮腰大臣

平成31年1月10日、宮腰大臣は、地方消費者行政の充実・強化のための「キャラバン[PDF:145KB]」第1弾として、香川県を訪問しました。
高松市役所では、大西高松市長から地域の消費者行政の現状について説明を受けるとともに、香川県庁及び高松市役所において、消費者行政に携わる職員及び消費生活相談員と、個別に意見交換を行いました。また、香川県庁及び高松市役所の庁舎内に設置された消費生活センターを訪問し、消費生活相談の現場を視察しました。
浜田香川県知事との面会では、「キャラバン」の趣旨について説明したうえで、①消費生活センターの全市町村への配置、②消費者教育教材「社会への扉」を用いた授業の県内全高校での実施、③「消費者安全確保地域協議会」の県内5万人以上の全市での設置、④地方消費者行政にかかる経費の自主財源化などに関し、香川県庁において具体的な措置を講じるよう要請しました。

宮腰大臣が徳島県を訪問しました(平成31年1月9日)

  • (写真)鳴門教育大学で関係者との意見交換を行う宮腰大臣
    鳴門教育大学で関係者との
    意見交換を行う宮腰大臣
  • (写真)飯泉徳島県知事と面会し、開催地決定を伝達する宮腰大臣
    飯泉徳島県知事と面会し、
    開催地決定を伝達する宮腰大臣

平成31年1月9日、宮腰大臣は徳島県を訪問しました。鳴門教育大学では、山下学長を始めとする大学関係者から、大学が実施している消費者教育の取組について説明を受けた後、高校生に加えて、小中学校生に対する消費者教育の重要性について、意見交換を行いました。
また、徳島県庁では飯泉徳島県知事と面会し、本年9月上旬に、G20のサイドイベントとして「消費者政策国際会合」を徳島県で開催することを伝達しました。また、宮腰大臣から、会合を徳島県との共催とすることを提案し、飯泉知事から最大限協力するとのコメントを得ました。これを受けて、宮腰大臣から、「徳島で実施されている様々な先進的な取組を発信しつつ、会合が国際的にも有意義なものとなるよう、徳島県と協力していきたい」旨述べました。

宮腰大臣による消費者庁職員への年頭訓示式(平成31年1月7日)

  • (写真)新年の訓示を行う宮腰大臣①
    新年の訓示を行う宮腰大臣①
  • (写真)新年の訓示を行う宮腰大臣②
    新年の訓示を行う宮腰大臣②

平成31年1月7日、宮腰大臣による消費者庁職員への年頭訓示式が行われました。
宮腰大臣からは、「日々、新たな課題が発生する消費者行政の中で、的確に国民の皆さん方の期待に応えるべく、共に頑張っていただきたい。加えて、今年は、消費者庁及び消費者委員会が発足して10年目を迎える節目の年であり、特に若手の皆さんと一緒に消費者行政の在り方についてしっかり議論を重ねていきたい。」との訓示がありました。

国民生活センター相模原事務所の視察(平成30年12月19日)

  • (写真)国民生活センター幹部と意見交換する大臣
    国民生活センター幹部と意見交換する大臣
  • (写真)マグネットボールによる事故について説明を受ける大臣
    マグネットボールによる事故について説明を受ける大臣
  • (写真)落下実験について説明を受ける大臣
    落下実験について説明を受ける大臣
  • (写真)国民生活センター職員と意見交換をする大臣
    国民生活センター職員と意見交換をする大臣

平成30年12月19日、宮腰大臣は独立行政法人国民生活センター相模原事務所を視察しました。
消費生活相談員等を対象とした研修や、商品テスト施設において、マグネットボールやボタン電池の子どもの誤飲事故など、科学的な信頼性を確保し、かつ、消費者の使用実態を十分に考慮したテストを行う現場の取組状況を視察しました。また国民生活センター職員との意見交換も行いました。

宮腰大臣が第12回第4期消費者基本計画のあり方に関する検討会に出席しました。(平成30年12月17日)

  • (写真)検討会に出席する宮腰大臣
    検討会に出席する宮腰大臣
  • (写真)検討会の取りまとめに当たって挨拶する宮腰大臣
    検討会の取りまとめに当たって挨拶する宮腰大臣

平成30年12月17日、宮腰大臣は「第12回第4期消費者基本計画のあり方に関する検討会」に出席し、検討会の取りまとめに当たって挨拶を行いました。
宮腰大臣は、挨拶の中で、デジタルプラットフォーマーの大きな台頭、SDGsという国連の考え方など、5年前には想像し得なかった大きな変化が起きており、次期基本計画が消費者行政を前に進めるための道しるべとなるよう、本日の取りまとめを踏まえ、関係省庁と連携して、政府としてしっかりと検討を深めていきたい旨述べました。

宮腰大臣が消費者志向経営推進シンポジウムに出席し、消費者志向経営優良事例表彰の表彰状の授与を行いました(平成30年11月26日)

  • (写真)開会挨拶を行う宮腰大臣
    開会挨拶を行う宮腰大臣
  • (写真)表彰状の授与を行う宮腰大臣
    表彰状の授与を行う宮腰大臣
  • (写真)消費者志向経営優良事例表彰 記念撮影
    消費者志向経営優良事例表彰 記念撮影
  • (写真)「明治150年」関連施策のパネル展示について説明を受ける宮腰大臣
    「明治150年」関連施策のパネル展示について
    説明を受ける宮腰大臣
  • (写真)開会挨拶をする宮腰大臣①
    消費者ホットライン188 イメージキャラクター「イヤヤン」と宮腰大臣

平成30年11月26日、宮腰大臣は「消費者志向経営推進シンポジウム」(消費者庁主催)に出席し、開会挨拶を行いました。宮腰大臣は、挨拶の中で、「消費者志向経営」の取組の深化と普及を図るべく、今後、分かりやすいネーミングやキャッチフレーズを検討していきたい旨述べました。
本シンポジウムでは、今年度から新たに創設された「消費者志向経営優良事例表彰」の表彰式が行われ、宮腰大臣は、内閣府特命担当大臣表彰を受賞した花王株式会社に対して、表彰状の授与を行いました。

宮腰大臣が食品安全に関するリスクコミュニケーション「食品中の放射性物質をめぐる震災からの歩み -これまでを知り、明日の消費行動を考える-」に参加しました(平成30年11月12日)

  • (写真)開会挨拶をする宮腰大臣①
    開会挨拶をする宮腰大臣①
  • (写真)開会挨拶をする宮腰大臣②
    開会挨拶をする宮腰大臣②

平成30年11月12日、宮腰大臣は東京都千代田区主婦会館プラザエフで開催された食品安全に関するリスクコミュニケーション「食品中の放射性物質をめぐる震災からの歩み -これまでを知り、明日の消費行動を考える-」に参加し、100名を超える参加者を前に挨拶を行いました。
挨拶の中で、宮腰大臣は、農林水産物・食品の輸出振興担当の総理大臣補佐官時代に諸外国・地域における日本産食品の輸入規制について、科学的知見に基づき、規制撤廃・緩和の要請をしてきたことを紹介しつつ、「本日のような機会を通じて、皆様の不安や疑問に丁寧に回答する、そして正確な状況を御理解いただく、そのような会にしていきたい」と述べました。

国民生活センター東京事務所の視察(平成30年11月8日)

  • (写真)国民生活センター幹部に訓示を行う宮腰大臣
    国民生活センター幹部に訓示を行う宮腰大臣
  • (写真)相談業務の現場を視察する宮腰大臣
    相談業務の現場を視察する宮腰大臣
  • (写真)職員及び消費生活相談員と意見交換を行う宮腰大臣
    職員及び消費生活相談員と意見交換を行う宮腰大臣

平成30年11月8日、宮腰大臣は独立行政法人国民生活センター東京事務所を視察しました。
職員及び消費生活相談員が各地の消費生活センターからの経由相談や平日バックアップ相談対応をしている現場を視察して消費者からの相談の現状を把握するとともに、職員及び消費生活相談員と、越境取引など新たな課題に対応するための方策や日々の業務の中で工夫をしている点などについて意見交換しました。

宮腰大臣が消費者行政新未来創造オフィス等の視察を行いました(平成30年10月18日)

  • (写真)オフィスを視察する宮腰大臣
    オフィスを視察する宮腰大臣
  • (写真)有識者との車座意見交換会を行う宮腰大臣
    有識者との車座意見交換会を行う宮腰大臣
  • (写真)東京とテレビ会議を行う宮腰大臣
    東京とテレビ会議を行う宮腰大臣
  • (写真)板野町の見守りネットワーク関係者と意見交換会を行う宮腰大臣
    板野町の見守りネットワーク関係者
    と意見交換会を行う宮腰大臣

平成30年10月18日、宮腰大臣は消費者行政新未来創造オフィス等を視察し、消費者行政に関する有識者との車座意見交換会等を行いました。その後、板野町役場にて、見守りネットワーク関係者との意見交換会を行いました。

宮腰大臣が中央合同庁舎4号館(消費者庁)に初登庁しました。(平成30年10月11日)

  • (写真)幹部職員から所管事項について説明を受ける宮腰大臣
    幹部職員から所管事項について説明を受ける宮腰大臣
  • (写真)庁内の視察をする宮腰大臣
    庁内の視察をする宮腰大臣

平成30年10月11日、宮腰大臣は中央合同庁舎4号館(消費者庁)に初登庁し、消費者庁幹部職員から所管事項について説明を受けた後、庁内の勤務状況を視察しました。