目次 | コラム目次 | 前のコラムに戻る | 次のコラムへ進む
全文 > 【コラム】振り込め詐欺の類型
【コラム】 振り込め詐欺の類型

 警察庁によると、それぞれの詐欺の手口は次のとおり。

 

オレオレ詐欺

 電話を利用して親族、警察官、弁護士などを装い、借金返済や会社の金を横領したための補てん金などの名目で、現金を預貯金口座などに振り込ませるなどの方法によりだまし取る(脅し取る)詐欺(恐喝)である。最近の傾向としては、あらかじめ入手した名簿で名前を確認の上、親族を名乗る事案など、手口が一段と巧妙になっている。

 

架空請求詐欺

 郵便、インターネットなどを利用して不特定多数の者に対し、架空の事実を口実とした料金を請求する文書などを送付するなどして、現金を預貯金口座などに振り込ませるなどの方法によりだまし取る(脅し取る)詐欺(恐喝)である。最近の傾向としては、書面に振込先の銀行口座を記載せず連絡先の携帯電話の電話番号だけを記載して、連絡を受けた際に口座を指定して、振り込ませる方法が目立っている。

 

融資保証金詐欺

 実際には融資しないにもかかわらず、融資する旨の文書などを送付するなどして、融資を申し込んできた者に対し、保証金などを名目に現金を預貯金口座などに振り込ませるなどの方法によりだまし取る詐欺である。はがきや電子メール、ファックスを送ったり、雑誌広告、折込チラシなどを利用して融資を勧誘し、申し込みをすると、「あなたは、多重債務者としての登録があるので、融資できないが、保証協会費を納めてそのデータを一旦抹消すれば融資を受けることができる。」などと言って、現金を預貯金口座に振り込ませ、そのまま融資せずに現金をだまし取るものである。

 

還付金等詐欺

 社会保険事務所や市町村の職員を名乗り、年金や医療費などを還付する手続きであるかのように装って、現金自動預払機(ATM)まで誘導し、ATMを操作させて、自己の口座から犯人の口座へ現金を振り込ませる詐欺である。具体的な手口は、社会保険事務所や市町村の職員を名乗る者から、「年金を還付するので、手続きのためATMに行ってほしい。」などの連絡があり、言われるとおりにATMを操作すると、自己の預貯金口座から犯人の預貯金口座へ現金が送金振込されてしまうというものである。


-
目次 | コラム目次 | 前のコラムに戻る | 次のコラムへ進む