消費者安全課 消費者の生命・身体の安全の確保に取り組みます

毛染めによるアレルギーに御注意!

  平成27年10月23日、消費者安全調査委員会は、「毛染めによる皮膚障害」に関する事故等原因調査報告書を公表しました。


  毛染めは、髪の色を明るくしたり、白髪を黒く染めたりする等、年代や性別を問わず一般に広く行われていますが、その一方で、消費者庁の事故情報データバンクには、毛染めによる皮膚障害の事例が毎年度200件程度登録されています。


(酸化染毛剤はヘアカラーリング剤の中でもアレルギーを引き起こしやすい)

  毛染めによる皮膚障害の多くは接触皮膚炎で、その直接的な原因はヘアカラーリング剤です。ヘアカラーリング剤の中でも酸化染毛剤(ヘアカラー、ヘアダイ、白髪染め、おしゃれ染め、アルカリカラー等と呼ばれる。)は、最も広く使用されていますが、他のカラーリング剤と比べてアレルギー性接触皮膚炎を引き起こしやすくもあります。


(アレルギーの場合、再度の使用により症状が重くなることも)

  これまでに毛染めで異常を感じたことのない人も、継続的に毛染めを行ううちにアレルギーになることがあります。1度目のアレルギー症状が軽かった場合も、治まった後に再度使用すれば、次第に症状が重くなる場合があります。症状には個人差があり、人によっては頭皮だけでなく、顔面や首などにまで皮膚症状が広がり、日常生活に支障を来すほどになることもあります。


(異常を感じたら、使用を止め、医療機関の受診を!)

  酸化染毛剤を使用する際は、事前にセルフテストを行いましょう。また、使用して、かゆみ、赤み、痛みなどの異常を感じた場合は、アレルギー性接触皮膚炎の可能性があるため、使用を止める、医療機関を受診するなど適切に対応しましょう。


事故等原因調査報告書【本文】(平成27年10月23日)[PDF:1.0MB]

事故等原因調査報告書【概要】(平成27年10月23日)[PDF:1.5MB]


子ども安全メールfrom消費者庁Vol.267「子供の毛染めは控えましょう!」(平成27年12月3日)


見守り新鮮情報第237号「染毛剤による皮膚炎が起きています」(平成27年11月26日)
(国民生活センターのウェブサイトへリンク


<参考>

日本ヘアカラー工業会ホームページへのリン



担当 : 消費者安全課


消費者庁 携帯サイト
携帯サイトQRコード