文字サイズ
標準
メニュー

表示対策 消費者が適正に商品・サービスを選択できる環境を守ります


景品表示法違反行為を行った場合はどうなるのでしょうか?

○景品表示法に違反する行為に対しては,措置命令などの措置が採られます。

景品表示法に違反する不当な表示や,過大な景品類の提供が行われている疑いがある場合,消費者庁は,関連資料の収集,事業者への事情聴取などの調査を実施します。調査の結果,違反行為が認められた場合は,消費者庁は,当該行為を行っている事業者に対し,不当表示により一般消費者に与えた誤認の排除,再発防止策の実施,今後同様の違反行為を行わないことなどを命ずる「措置命令」を行います。違反の事実が認められない場合であっても、違反のおそれのある行為がみられた場合は指導の措置が採られます。
  また,事業者が不当表示をする行為をした場合、景品表示法第5条第3号に係るものを除き、消費者庁は、その他の要件を満たす限り、当該事業者に対し、課徴金の納付を命じます(課徴金納付命令)。

景品表示法違反被疑事件の調査の手順

景品表示法違反被疑事件の調査の手順

都道府県でも景品表示法を運用しています。

違反行為を迅速,効果的に規制できるよう,都道府県知事も景品表示法に基づく権限を有しており,違反行為者に対して,措置命令を行うことができます。

ページ上部へ


消費者庁 携帯サイト
携帯サイトQRコード
ページの先頭へ