文字サイズ
標準
メニュー

表示対策 消費者が適正に商品・サービスを選択できる環境を守ります


表示規制の概要

 商品・サービスの品質や価格についての情報は,消費者が商品・サービスを選択する際の重要な判断材料であり,消費者に正しく伝わる必要があります。ところが,商品・サービスの品質や価格について,実際よりも著しく優良又は有利であると見せかける表示が行われると,消費者の適正な商品選択を妨げられることになります。このため,景品表示法では,消費者に誤認される不当な表示を禁止しています。
 不当表示の概要は次のとおりです。

不当表示の概要 無果汁の清涼飲料水等についての表示 商品の原産国に関する不当な表示 消費者信用の融資費用に関する不当な表示 不動産のおとり広告に関する表示 おとり広告に関する表示 有料老人ホームに関する不当な表示

ページ上部へ


消費者庁 携帯サイト
携帯サイトQRコード
ページの先頭へ