文字サイズ
標準
メニュー

地方協力課 消費生活センターの設置・拡充など、地方の取組みを支援しています

「地方消費者行政の充実・強化のためのプラン」

目次

1.はじめに
(1) 本「プラン」の策定の背景・経緯
(2) 本「プラン」の策定の趣旨・目的
2.基本的な考え方
(1) 地方消費者行政における国と地方
(2) 国と地方の関係の「重層性」と地方の「多様性」
(3) 充実・強化のための視点
i. 地域における「ヒト」「人材」
ii. 地域における「参加」「連携」
iii. 国と地方の「双方向性」
3.主なテーマごとの「地方への期待」と「消費者庁の取組み」
(1) 消費生活相談体制の充実
i. 市町村の消費生活センター・相談窓口の機能
ii. 都道府県の消費生活センターの機能
iii. 実情に応じた都道府県と市町村の連携
(2) 法執行の強化
i. 法執行を担う体制整備と人材強化
ii. 国と地方などの連携の強化
(3) 相談員の処遇の改善
i. 身分、報酬、期間など雇用形態・勤務体系の改善
ii. 研修への参加の確保と研修の充実
iii. 執務環境の改善
(4) 行政・担当職員の取組みの強化
i. 首長のリーダーシップと連携の体制づくり
ii. 職員の研修の充実と「キャリアパス」の構築
(5) 地域における連携・地域を越えた連携・国との連携の強化
i. 地域の関係団体との連携・協力
ii. 「参加型」活動の展開
iii. 消費者教育・啓発活動の展開
iv. 国と地方のネットワーク強化
v. テスト機関との連携
vi. 都道府県間の連携
【参考1】広域連携による消費生活相談の実施の在り方
【参考2】基礎自治体の多様性を踏まえた消費生活センター・相談窓口の在り方
【参考3】地方公共団体からの事務委託による消費生活相談等の実施のケース
【参考4】都道府県における景品表示法、特定商取引法の執行実績
【参考5】相談員の雇用形態に関する課題

ページ上部へ


消費者庁 携帯サイト
携帯サイトQRコード
ページの先頭へ