地方協力課 消費生活センターの設置・拡充など、地方の取組みを支援しています

各地域における消費者行政活性化の取組

「群馬県消費者行政推進本部」の設置と県の担当者による市町村への積極的な働きかけ(2月9日)

(群馬県)

(群馬県消費者行政推進本部)

【背景・取組概要】

  平成21年5月、担当の生活文化部長は、消費者庁設立や消費者安全法具体化の動きの中で、所掌分野が多岐にわたる消費者行政には、組織横断的な取り組みが不可欠と判断。同じ考えをもつ担当課長とともに7月に知事に「消費者行政推進本部」の設置を提案。消費者行政を重要施策と位置づけている知事の後押しもあり、消費者庁発足と同じく9月に「群馬県消費者行政推進本部」を設置するに至った。
  「群馬県消費者行政推進本部」は知事を本部長とし、総務、企画、健康福祉、食品安全、環境森林、農政、産業経済、県土整備、警察本部、教育委員会、会計局など16の部長等で構成。下部組織として課長級で構成する幹事会を設置。事務局を消費生活課に置いて、本部に関する事務を総括している。
  また、9月の本部設置に間に合うように、庁内ネットワークのデータベースを整備。ネットワーク内に消費者行政に関する掲示板を作成し追加した。本来なら作成には2~3ヶ月を要するところ、システム担当課が1ヶ月で作成するなど、庁内他部局の協力もあった。

【課題の克服】

  今回のスムーズな本部発足には2つのポイントがある。1つは危機管理対応体制やさまざまな行政分野において庁内・庁外ネットワークがすでに構築されていたことである。
  危機管理大綱が整備されており、緊急時に対応できる仕組みが既にあり、また、総合食品安全行政をはじめとするさまざまな行政分野における組織横断的なネットワーク作りは、すべて手探りでスタートし、庁内の連携を定着させていった経緯がある。
  もう一つは、本部発足を後押しした知事のリーダーシップであった。

【今後の課題】

  9月の「本部」設置後は、県庁内及び市町村に対して、計7回の消費者安全法説明会を開催。まずは消費者行政とは何か、消費者安全法とは何かという説明を行い、消費者行政に対する共通認識の構築に努めている。今後は、「基金」の活用も図り、消費者行政にとって何が必要か本部の中で検討していく予定である。

(県の担当者による市町村への積極的な働きかけ)

【背景・取組概要】

  平成21年春、国では補正予算の交付金により「地方消費者行政活性化基金」に上積みを行うこととなったが、群馬県では県下の市町村担当者を集め、「基金」の説明会を実施。3回にわたって趣旨説明会を行った。その数ヶ月後、交付金申請の検討状況について内閣府の調査が行われたが、群馬県下の市町村は出足が鈍く、申請額が低かった。
  これに対して県の担当者が各市町村の担当者にヒアリングを行ったところ、人件費に充当できない、シバリもきつい「使い勝手の悪い基金」というイメージをもっていることが判明。せっかく交付される「基金」をなんとか活かそうと奮起した担当者は、「基金」の概要から活用事例、申請時期に至るまでをわかりやすく詳細に図解した資料を自ら作成した。
  さらに、市町村の消費者行政は、首長の意欲に大きく左右されると判断。県の消費生活課長が積極的に各市町村長を直接訪問し、消費者行政の重要性と「基金」活用方法について、作成した資料を使って説明を繰り返した。
  その結果、最終的に平成21年度分の基金の申請額は2ヶ月で約2倍となるに至った。

【課題の克服】

  今回の「基金」申請増額においては、まずは県担当者の努力によるところが大きい。市町村の取組みや担当者の意識が低いと感じて自らヒアリングを行い、市町村担当者の「基金」に対する理解不足が原因であることを突き止めた。その後、課題を克服すべく、分かりやすい資料を作成。さらに、担当の消費生活課長をはじめ、課員総出で実際に首長に面会し、「基金」の活用を促している。
  群馬県庁内の消費者行政に対する意識の高さも、これらの取組みを後押しした。県知事は消費者庁発足と同じく9月に「群馬県消費者行政推進本部」を設置。厳しい財政事情にあっても、消費者行政は最重要項目の一つとして優先的に予算も確保され、また、人事面の増員にも結びついている。
  県の担当者の熱意、担当課の努力、そして県の消費者行政への積極的な取組みが一つとなり、県下の市町村を動かした。

【今後の課題】

  今後は交付された基金の効果的な活用が課題である。「基金」は毎年度、取崩し額に見合う自主財源の確保が、市町村も含め県全体として必要となるが、各市町村の財政事情が厳しいなかで、予定どおり消費者行政に係る自主財源が確保されるか、また、各市町村それぞれのプログラムを消化できるか、各市町村の状況をみながら、今後もバックアップしていくこととしている。

ページ上部へ


消費者庁 携帯サイト
携帯サイトQRコード