文字サイズ
標準
メニュー

消費者庁Weekly第347号
平成30年4月10日配信(平成30年3月31日~4月6日発信分)

消費者庁では、地方自治体の消費者行政担当のみなさまに定期的に情報発信をしています。

PICK-UP

  • 食品安全に関する総合情報サイトの更新について(4月6日)
  • 有毒植物の注意喚起をツイッターに掲載しました(4月6日)
    • トラブルに遭わないためのポイントを紹介するチラシを作成しましたので、ご活用ください。
      【注意!有毒植物】毒のあるイヌサフランは、葉はギョウジャニンニクと、球根はじゃがいもや玉ねぎ等と似ています。間違えて食べると食中毒になり、過去には死亡者の報告も。食用と確実と判断できない植物は「採らない!食べない!売らない!人にあげない!」
      【注意!有毒植物】ニラとスイセンを間違えて食べて食中毒が発生しています。スイセンには毒があります。食用と確実に判断できない植物は「採らない!食べない!売らない!人にあげない!」

新着情報

事故情報・注意喚起のお知らせ

消費生活用製品安全法

消費者安全法

注意喚起

その他

定期更新(週1~3回更新)

国民生活センターからのお知らせ

Weekly えんど

  • 消費者庁では、2015年9月に国連で採択された持続可能な開発目標(SDGs)にも含まれている『食品ロス削減』に向けた様々な取組を行っています▼その取組の1つとして、料理レシピサイト「クックパッド」の「消費者庁のキッチン」で、地方公共団体等から提供いただいた、野菜の皮や茎を活用した野菜まるごとレシピ、余った料理をアレンジしたリメイクレシピ等を紹介しています▼このたび、「消費者庁のキッチン」に掲載したレシピが500件になりました。和洋中の他、エスニックなど様々なレシピを掲載しています▼消費者庁ウェブサイトにも紹介していますので、ぜひご活用ください。