文字サイズ
標準
メニュー

消費者庁Weekly第342号
平成30年3月6日配信(平成30年2月24日~3月2日発信分)

消費者庁では、地方自治体の消費者行政担当のみなさまに定期的に情報発信をしています。


PICK-UP



  • ジャパンライフ株式会社に対する破産手続開始決定に関する消費者庁長官談話(3月1日)

ジャパンライフ株式会社について、東京地方裁判所が破産手続の開始を決定し、消費者庁長官談話を公表しました。同社との契約等についてご相談のある消費者におかれては、消費者ホットライン(局番なし188)等を利用して、全国の消費生活センター等までご連絡いただきたい。
詳しくは、下記をご覧ください。
http://www.caa.go.jp/policies/policy/consumer_transaction/release/2017/pdf/release_180301_0001.pdf

  • 「消費者契約法の一部を改正する法律案」の閣議決定(3月2日)

「消費者契約法の一部を改正する法律案」が、3月2日に閣議決定され、国会に提出されました。
事業者が、社会生活上の経験の不足する消費者に対し、不安をあおる行為や、恋愛感情等に乗じて人間関係を濫用する行為により契約を締結させた場合の取消権を定めるなどの措置を講ずることとしています。
詳しくは下記をご覧ください。
http://www.caa.go.jp/law/bills/

  • 消費者ホットライン188キャラクター募集!(2月28日)

消費者ホットライン188のイメージキャラクターを募集します。国民に親しみやすいキャラクターをデザインしてください。
詳しくは、下記をご覧ください。

http://www.caa.go.jp/region/pdf/shohisha_hotline_180228_0001.pdf

新着情報



  • 事故情報・注意喚起のお知らせ

【消費生活用製品安全法】

【消費者安全法】

【注意喚起】

  • 措置命令・業務停止命令など

【景品表示法】

  • セミナー開催告知など
  • HPへの資料などの掲載
  • その他


定期更新(週1~3回更新)




◇国民生活センターからのお知らせ◇




  • Weekly えんど

消費者庁では、政府広報を活用し、インターネットや動画などを作成し、広報を行っています。最新のインターネット動画で、意外な子どものやけどを取り上げています▼小さな子どもがいる家庭では、やけどをさせないよう、火の取り扱いなどに細心の注意を払っていると思います。しかし、危険は思わぬところに潜んでいることも。番組では、過去の事例から、盲点となりがちな事故のパターンや、その防止策をご紹介します▼消費者庁ウェブサイトの「お知らせ」にまとめていますので、ご活用ください。