文字サイズ
標準
メニュー

哺乳用具

1.品名

  • その品名を示す用語を用いて適正に表示する(一般的には「哺乳瓶」又は「哺乳器」)。
  • この場合において、瓶の部分が合成樹脂のものは「プラスチック製」の用語、ガラス製のものは「ガラス製」の用語を、それぞれ品名を示す用語の次に括弧書きで付記する。

2.材料の種類

  • フード、キャップ、中蓋、乳首、中栓(中栓は使用している場合のみ表示する)、瓶、その他の部分品に使用されている材料の名称をそれぞれ適正に表示する。
  • 特にその材料が「ほうけい酸ガラス」「天然ゴム」「合成ゴム」を用いたものである場合は、これらの用語を使用して表示する。
  • さらに、この場合において、「天然ゴム」又は「合成ゴム」の用語の次に括弧書きで天然ゴム又は合成ゴムの種類を示す用語を付記することができる。
  • 材料が合成樹脂の場合は、『合成樹脂加工品品質表示規程』第2条第1号の表で規定している「原料樹脂の種類」を表示する。

3.乳首の吸い穴の形状

  • その乳首の吸い穴の形状を示す用語を用いて適正に表示する。
  • 特に吸い穴の形状が丸穴、クロスカット又はY字形(スリーカット)の場合は「丸穴」「クロスカット」「Y字形」の用語を用いて表示する。

4.瓶の容量

  • 目盛がある瓶では最大目盛における容量を、目盛がない瓶では瓶の口頭部までの容量(満水容量)をそれぞれミリリットル単位で表示し、この表示の次に括弧書きでそれぞれ「最大目盛り容量」又は「満水容量」と付記する。
  • 許容範囲は、次の表のとおりとする。
瓶の容量 許容範囲
ガラス製 プラスチック製
50mℓ未満 ±5mℓ以内 ±4mℓ以内
50mℓ以上100mℓ未満 ±6mℓ以内 ±4mℓ以内
100mℓ以上120mℓ未満 ±7mℓ以内 ±4mℓ以内
120mℓ以上150mℓ未満 ±8mℓ以内 ±4mℓ以内
150mℓ以上200mℓ未満 ±9mℓ以内 ±4mℓ以内
200mℓ以上250mℓ未満 ±10mℓ以内 ±5mℓ以内
250mℓ以上300mℓ未満 ±12mℓ以内 ±6mℓ以内

5.取扱い上の注意

  • 次に掲げる事項を製品の品質に応じて適切に表示する。
    1. 《イ》使用後は、洗浄をした後、煮沸、消毒薬等により消毒を行う旨。
    2. 《ロ》高い所から落とす等急激な衝撃を与えると破損するおそれがある旨(ガラス製のものに限る)。
    3. 《ハ》火のそばに置くと、軟化又は変化することがある旨(プラスチック製のものに限る)。
    4. 《ニ》硬めのブラシで磨くと、傷が付き、又は不透明になることがある旨(プラスチック製のものに限る)。
    5. 《ホ》使用前に亀裂や傷の点検をする旨(ガラス製のものに限る)。

6.表示者名等の付記

  • 表示した者の「氏名又は名称」及び「住所又は電話番号」を付記し、責任の所在を明確にする。

表示方法等

  • 最小販売単位ごとに、消費者の見やすい箇所にわかりやすく記載する。
  • 2個以上の個数をまとめて包装したもので分割して販売される可能性のないものは、その包装の表面に表示することができる。
    • ただし、取扱い上の注意については、本体から容易に離れない方法(ラベルの貼り付けや添付、印刷、下げ札の取り付け等)により表示する。

表示例

表示例

参考

雑貨工業品INDEX

担当:表示対策課