文字サイズ
標準
メニュー

強化ガラス製器具

1.品名

  • 「強化ガラス製器具」の用語を用いて表示する。他の用語を使って表示することはできない。

2.強化の種類

  • その強化の種類が次の表に掲げる強化の種類に応ずるものであるときは、強化の種類を示す用語を用いて表示する。
強化の種類 強化の種類を示す用語(表示名)
物理強化またはイオン強化により製品口部の表面に圧縮層を設け、口部の強度を増大したもの 口部強化
物理強化により製品全面の表面に圧縮層を設け、製品の強度を増大したもの 全面物理強化
イオン強化により製品全面の表面に圧縮層を設け、製品の強度を増大したもの 全面イオン強化
熱膨張係数の異なる2種類以上のガラスを三層以上に重ね合わせることにより製品全面の表面に圧縮層を設け、製品の強度を増したもの 全面積層強化

3.取扱い上の注意

  • 次に掲げる事項を製品の品質に応じて適切に表示する。
    1. 《イ》破損を防ぐための注意事項
      1. [1]急激な衝撃を与えない旨。
      2. [2]耐熱ガラスではない旨。
      3. [3]急激な温度変化を避ける旨(該当しない場合は省略できる。)。
      4. [4]全面物理強化のもの、全面積層強化のものその他破損した場合に破片が鋭利なかけら又は細片となって激しく飛散するおそれがあるものについては、傷が付くような取扱いは避ける旨。
    2. 《ロ》破損した場合に関する注意事項
      1. 《イ》[4] に想定するものにあっては、破損した場合に、破片が鋭利なかけら又は細片となって激しく飛散するおそれがあるので注意する旨。

4.表示者名等の付記

  • 表示した者の「氏名又は名称」及び「住所又は電話番号」を付記し、責任の所在を明確にする。

表示方法等

  • 最小販売単位ごとに、消費者の見やすい箇所にわかりやすく記載する。
  • 2個以上の個数をまとめて包装したもので分割して販売される可能性のないものは、その包装の表面に表示することができる。
    • ただし、取扱い上の注意については、本体から容易に離れない方法(ラベルの貼り付け、刻印等)により表示する。

表示例

表示例

雑貨工業品INDEX

担当:表示対策課