文字サイズ
標準
メニュー

ジャー炊飯器

1.最大炊飯容量

  • 1回に炊飯できる最大量をリットル単位で表示する(許容範囲は、表示値の-5%以内)。

2.区分名(産業用のもの、電子回路を有さないもの及び最大炊飯容量が0.54ℓ未満のものを除く。)

  • 以下の表にしたがって、加熱方式及び最大炊飯容量に応じて、区分名を示すA~Hの用語を用いて表示する。
区分名
(表示名)
加熱方式 最大炊飯容量
A 電磁誘導加熱方式のもの 0.54リットル以上0.99リットル未満
B 0.99リットル以上1.44リットル未満
C 1.44リットル以上1.80リットル未満
D 1.80リットル以上
E 電磁誘導加熱方式のもの以外 0.54リットル以上0.99リットル未満
F 0.99リットル以上1.44リットル未満
G 1.44リットル以上1.80リットル未満
H 1.80リットル以上

3.蒸発水量(産業用のもの、電子回路を有さないもの及び最大炊飯容量が0.54ℓ未満のものを除く。)

4.年間消費電力量(産業用のもの、電子回路を有さないもの及び最大炊飯容量が0.54ℓ未満のものを除く。)

  • 定められた試験方法(電気機械器具品質表示規程 別記(測定方法))に沿って測定した1回当たりの炊飯時消費電力量、1時間当たりの保温時消費電力量、1時間当たりのタイマー予約時消費電力量及び1時間当たりの待機時消費電力量より、次の式により算出し、有効数字3桁以上でキロワット時/年の単位で表示する(許容範囲は、表示値の+3%以内)。
  1. E:年間消費電力量(単位: キロワット時/年)
  2. A:1回当たりの炊飯時消費電力量(単位: ワット時/回)
  3. NA:年間当たりの炊飯回数(単位: 回数/年)
  4. B:1時間当たりの保温時消費電力量(単位: ワット時/時)
  5. HB:年間当たりの保温時間(単位: 時間/年)
  6. C:1時間当たりのタイマー予約時消費電力量(単位:ワット時/時)
  7. HC:年間当たりのタイマー予約時間(単位: 時間/年)
  8. D:1時間当たりの待機時消費電力量(単位: ワット時/時)
  9. HD:年間当たりの待機時間(単位: 時間/年)

5.1回当たりの炊飯時消費電力量(産業用のもの、電子回路を有さないもの及び最大炊飯容量が0.54ℓ未満のものを除く。)

6.1時間当たりの保温時消費電力量(産業用のもの、電子回路を有さないもの及び最大炊飯容量が0.54ℓ未満のものを除く。)

7.1時間当たりのタイマー予約時消費電力量(産業用のもの、電子回路を有さないもの及び最大炊飯容量が0.54ℓ未満のものを除く。)

8.1時間当たりの待機時消費電力量(産業用のもの、電子回路を有さないもの及び最大炊飯容量が0.54ℓ未満のものを除く。)

9.使用上の注意

  • 次に掲げる事項を製品の形状又は品質に応じて適切に表示する。ただし、該当事項がない場合はこの限りでない。
    1. 《イ》使用方法に関する注意事項
    2. 《ロ》点検・手入れに関する注意事項

10.表示者名等の付記

  • 表示した者の「氏名又は名称」を付記し、責任の所在を明確にする。

表示方法等

  • ジャー炊飯器ごとに、消費者の見やすい箇所に分かりやすく記載する。
    • ただし、使用上の注意は本体又は取扱説明書に表示する。

表示例

表示例

参考

電気機械器具INDEX

担当:表示対策課