文字サイズ
標準
メニュー

健康や栄養に関する表示の制度について

食品において健康や栄養に関する表示を行える制度は、以下の通りです。

栄養成分表示 栄養成分の量や熱量等の表示

消費者に販売される容器包装に入れられた加工食品及び添加物において、食品表示基準に基づき、栄養成分表示が義務付けられています。

※皆様へのお願い
栄養成分表示について、ご相談いただく際には、事前に関係通知をご覧くださいますようお願い申し上げます。

栄養機能食品 規格基準に適合すれば許可申請や届出等は不要

※皆様へのお願い
栄養機能食品について、ご相談いただく際には、事前に関係通知をご覧くださいますようお願い申し上げます。

特定保健用食品(トクホ) 許可制

※皆様へのお願い
特定保健用食品について、ご相談いただく際には、事前に関係通知をご覧くださいますようお願い申し上げます。なお、いただいた情報は特定保健用食品の審査以外には使用いたしません。

保健機能食品はバランスのとれた食生活とともに利用しましょう。

  • 望ましい食生活を実現するためには,主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスをとることが大切です。
  • 保健機能食品を食生活の中に上手に取り入れ、健康の維持増進に役立ててください。

健康を維持していくには、バランスの取れた食事をとることが基本です。もちろん保健機能食品も、バランスの取れた食事の中で使うことが大切で、決して、保健機能食品さえ食べれば(飲めば)、食生活の中で暴飲暴食をしてもよいというものではありません。その大切さを知ってもらうため、保健機能食品のパッケージには「食生活は、主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを。」と書かれています。
自分にあった保健機能食品をうまく選んで、食生活の改善のきっかけとなるようにしていただければと思います。

特別用途食品 許可制

※特別用途食品の許可等の申請をお考えの方へ

表示許可等申請について、事前相談を行っております。また、希望に応じて、事前相談の記録を交付いたします。その際は、下記問合わせ先までご連絡くださいますようお願い申し上げます。なお、ご相談いただく際には、事前に関係通知をご覧くださいますようお願い申し上げます。

【お問合せ先】
食品表示企画課 特別用途食品担当 03-3507-8800(代表)
受付時間 9:30~18:15

※皆様へのお願い
特別用途食品について、ご相談いただく際には、事前に関係通知をご覧くださいますようお願い申し上げます。

健康増進法に基づく登録試験機関制度について

特別用途食品(特定保健用食品を含む。)の許可試験の実施主体は、国立研究開発法人医薬基盤・健康・栄養研究所及び以下に掲げる「登録試験機関」において実施しております。

  • 国立研究開発法人医薬基盤・健康・栄養研究所

    • 所在地 東京都新宿区戸山1-23-1  連絡先 03-3203-5721
  • 登録試験機関一覧(平成29年4月1日現在)
    名称 所在地 電話番号
    (一財)日本食品分析センター ※ 東京都渋谷区元代々木町52番1号 03-3469-7131
    (一財)食品環境検査協会 ※ 東京都江東区新木場2丁目10番3号 03-3522-2338
    (一財)食品分析開発センター SUNATEC 三重県四日市市赤堀新町9番5号 059-354-1552
    (一財)日本冷凍食品検査協会 ※ 東京都港区芝大門2丁目4番6号 03-3438-1411
    • の登録試験機関については、試験施設を複数有しています。詳細については、各登録試験機関までお問い合わせください。

誇大表示の禁止(健康増進法第31条第1項)

機能性表示食品

事業者の責任において、科学的根拠に基づいた機能性を表示した食品です。販売前に安全性及び機能性の根拠に関する情報などが消費者庁長官へ届け出られたものです。ただし、特定保健用食品とは異なり、消費者庁長官の個別の許可を受けたものではありません。

特定保健用食品、栄養機能食品及び機能性表示食品以外の食品に、食品の持つ効果や機能を表示することはできません。
なお、医薬品の承認を受けていないものについて、その効能効果等に係る表示をすることは「薬事法」により、公正な競争を又は一般消費者の利益を害するおそれがあると認められる表示をすることは「不当景品類及び不当表示防止法」により禁止されています。
関係法令による規制については、直接主管省庁・部局にお問い合わせください。

担当:食品表示企画課