文字サイズ
標準
メニュー

検討会・研究会等

特商法関連被害の実態把握等に係る検討会

特定商取引に関する法律(以下「特商法」といいます。)は、平成20年に大幅な改正が行われましたが、その改正法附則では、「政府は、この法律の施行後五年を経過した場合において、この法律による改正後の特定商取引に関する法律及び割賦販売法の規定の施行の状況について検討を加え、必要があると認めるときは、その結果に基づいて所要の措置を講ずるものとする。」とされています。
上記を踏まえ、特商法の見直しを円滑に行うための準備作業として、消費者被害の実態把握と法律上の論点整理を行うために本検討会を開催するものです。

特商法関連被害の実態把握等に係る検討会報告書

第6回特商法関連被害の実態把握等に係る検討会

第5回特商法関連被害の実態把握等に係る検討会

第4回特商法関連被害の実態把握等に係る検討会

第3回特商法関連被害の実態把握等に係る検討会

第2回特商法関連被害の実態把握等に係る検討会

第1回特商法関連被害の実態把握等に係る検討会

貴金属等の訪問買取りに関する研究会

貴金属等の訪問買取りに関する研究会中間取りまとめ

第6回「貴金属等の訪問買取りに関する研究会」

第5回「貴金属等の訪問買取りに関する研究会」

第4回「貴金属等の訪問買取りに関する研究会」

第3回「貴金属等の訪問買取りに関する研究会」

第2回「貴金属等の訪問買取りに関する研究会」

第1回「貴金属等の訪問買取りに関する研究会」

担当:取引対策課