文字サイズ
標準
メニュー

第1部 第1章 第4節 地方公共団体の様々な取組|概要

第1部 消費者行動・意識と消費者問題の現状
第1章 【特集】地方消費者行政の充実・強化に向けて
第4節 地方公共団体の様々な取組

各地で地方公共団体が地域性に合わせた取組を実施

  • 地方公共団体は、それぞれの地域の特性や課題に応じた取組を実施。
  • 消費生活センターの拡充や新たな設置、多様な主体間の連携・協働や体系立った消費者教育の展開、見守り等の活動を行う地域ネットワークの構築等の取組が行われている。
  • 広域連携による消費生活センターの新設
    (福岡県志免町)

    (写真)広域連携による消費生活センターの新設(福岡県志免町)
    かすや中南部広域消費生活センター
  • 幅広く市民を巻き込んだ消費者教育推進
    (千葉市)

    (画像)幅広く市民を巻き込んだ消費者教育推進(千葉市)
    町内自治会に配布した回覧板
  • 中学校における広告・表示に関する授業の実践
    (京都府)

    (写真)中学校における広告・表示に関する授業の実践(京都府)
    授業風景 ロールプレイングで問題点を学ぶ
  • 消防組合による防災のための地域見守りと消費者行政の連携(岡山県)

    (写真)消防組合による防災のための地域見守りと消費者行政の連携(岡山県)
    「消費者教育コーディネート人材養成公開講座
    ~地域連携による見守りネットワーク作り~」
    の様子
  • ICTを活用した市町相談体制支援
    (広島県)

    (写真)ICTを活用した市町相談体制支援(広島県)
    県センターで弁護士が拠点市町の相談等に助言
  • 特別支援学校での金銭教育プログラム
    (兵庫県)

    (写真)特別支援学校での金銭教育プログラム(兵庫県)

担当:消費者調査課