文字サイズ
標準
メニュー

第2部 第3章 第3節 情報通信技術の進展に対応した取引の適正化

第2部 消費者政策の実施の状況

第3章 適正な取引の実現

第3節 情報通信技術の進展に対応した取引の適正化

1.特定商取引法の通信販売での不法行為への対応

特定商取引法の通信販売については、通信販売業者に対して不適切な広告の改善を求めるとともに、執行を補完する取組として、ISPや金融庁等に対し、違法な電子メール広告等に関する情報を提供することにより、ウェブサイトの削除や口座凍結等を促しています。

消費者庁では、通信販売業者に対し、2015年度は1,087件の改善指導を行っています。

2.特定電子メールの送信の適正化等に関する法律に基づく行政処分等の実施

消費者庁及び総務省では、有識者による検討の場である「利用者視点を踏まえたICTサービスに係る諸問題に関する研究会」において取りまとめられた「迷惑メールへの対応の在り方に関する提言」を踏まえ、2011年8月、簡便なオプトアウトの方法の例を追加するなど、「特定電子メールの送信等に関するガイドライン」を改正しました。

総務省及び消費者庁では、特定電子メールの送信の適正化等に関する法律の規定に基づき、行政処分や行政指導の実施により、同法に違反する特定電子メールに起因した消費者被害を削減することとしています。

2015年度は、同法の規定に基づき、法律違反が疑われる送信者に対する警告メールを約3,300件送信し、措置命令を7件実施しました。

3.迷惑メール追放支援プロジェクトの実施

総務省では、2005年2月から、官民協力の下で迷惑メールの追放を目的とした「迷惑メール追放支援プロジェクト」を実施しており、調査端末で受信した迷惑メールの違法性を確認し、当該メールに関する情報を送信元プロバイダに通知することにより、送信元プロバイダにおける、迷惑メール送信回線の利用停止措置等の自主的な取組を促しています。

2015年度は、調査端末で受信した迷惑メールの違法性を確認し、違法性が確認されたメール約1万1000件(2016年3月末時点)に関する情報を送信元プロバイダに通知しました。

4.インターネット上の消費者トラブルへの対応

高度情報通信社会の進展により、インターネットを活用した取引が増加して利便性が向上する一方、それに関連する様々な消費者問題も数多く発生しています。

消費者庁では、インターネット消費者トラブル等の動向を踏まえ、毎回個別のテーマを設定している「インターネット消費者取引連絡会」を開催しています。2014年度までに16回開催しており、2015年度は、6月に「なりすまし」をテーマとした第17回会合を、9月に「越境電子商取引」をテーマとした第18回会合を、12月に「シェアリングサービス」をテーマとした第19回会合を、さらに3月に「オンラインゲーム」をテーマとした第20回会合を開催し、関連業界団体等からの発表及び出席者間での意見交換等を行いました。

そのほか、インターネット上の消費者トラブルに関する消費者に向けた注意喚起として、2015年7月には「インターネットを安全に利用し、楽しむための7か条」、2016年2月には「海外事業者とのインターネット通販におけるトラブルに御注意!」、「スマートフォンでの不正なアプリケーション(アプリ)のインストールに注意しましょう」を公表しました。

5.電子商取引環境整備に資するルール整備

インターネットの普及に伴い、電子商取引や情報財取引は幅広い消費者に活用され、重要な取引手段の一つとなっています。

経済産業省の「電子商取引に関する市場調査」(注34)によれば、2014年の我が国のBtoC(注35)電子商取引の市場規模は12.8兆円(前年比14.6%増)にまで達しており、今後も一層拡大していくことが予想されます。

「電子商取引及び情報財取引等に関する準則」(以下「準則」といいます。)は、このような電子商取引、情報財取引等のIT活用の普及に伴って発生する様々な法的問題点について、民法を始めとする関係する法律がどのように適用されるのかを明らかにすることにより、取引当事者の予見可能性を高め、取引の円滑化に資することを目的として、経済産業省が2002年3月に策定したものです(策定時の名称は「電子商取引等に関する準則」。)。

経済産業省では、2015年4月27日に、準則の改訂を実施しました。次回改訂に向け、事業者との意見交換を行いながら検討作業を実施中であり、引き続き事業者の意見を踏まえつつ、関係省庁とも連携しながら、2016年6月を目途に改訂案を取りまとめる予定です。


  • (注34)経済産業省「平成26年度我が国経済社会の情報化・サービス化に係る基盤整備(電子商取引に関する市場調査)」(2015年5月29日)
  • (注35)商取引の形態の一つで、企業(business)と一般消費者(consumer)の取引のこと。企業間の取引はBtoB、一般消費者同士の取引をCtoCという。

担当:消費者調査課