文字サイズ
標準
メニュー

平成28年版消費者白書概要目次

第1部 消費者行動・意識と消費者問題の現状

第2部 消費者政策の実施状況

  • 第2部 消費者政策の実施状況

    第1章 消費者の安全の確保

    第2章 表示の充実と信頼の確保

    第3章 適正な取引の実現

    第4章 消費者が主役となって選択・行動できる社会の形成

    第5章 消費者の被害救済、利益保護の枠組みの整備

    第6章 国や地方の消費者行政の体制整備

  • 資料編

    消費者安全法に基づく消費者事故等に関する情報の集約及び分析、消費者庁の措置等(略)

  • 本資料におけるPIO-NETに登録された消費生活相談情報は2016年4月10日時点。
  • PIO-NETに登録された消費生活相談情報は消費生活センター等での相談受付から登録まで一定の時間を要するため、主に2015年度の相談件数は今後若干増加する可能性がある。
  • 意識調査におけるM.T.は、回答数の合計を回答者数(N)で割った比率のこと。複数回答ができる質問の場合は、通常その値は100%を超える。

担当:消費者調査課