文字サイズ
標準
メニュー

3.公共料金の内外価格差

同じ商品、サービスの日本での価格と円換算した海外での価格の比率を内外価格差と呼びます。平成26年2月時点の調査に基づく、日本(東京)の公共料金の欧米(主要都市)との内外価格差は以下のとおりです。
(ただし、為替レートの変動に大きく左右されるほか、料金体系やサービスの質、補助金の有無などは国によって違います。)

エネルギー関係

電気料金はフランス・ドイツと比べると割安ですが、アメリカと比べると割高となっています。都市ガス料金は他国と比べて割高となっています。

通信関係

電話料金においては、市内通話が、他国と比べて割安になっている一方、長距離通話はアメリカを除く他国と比べて割高となっています。

運輸関係

鉄道運賃の地下鉄(初乗り)及びバス運賃(初乗り)は他国と比べて割安であるという結果が出ています。タクシー運賃はアメリカ・フランスと比べて割高となっています。

公共料金の内外価格差(為替レート換算:日本を100とした各国の水準)
種類 日本 アメリカ イギリス フランス ドイツ
エネルギー・水 電気(290kWh使用時) 100 93 100 108 157
都市ガス(55万kcal使用時) 100 57 73 87 85
上水道(20㎥使用時) 100 96 194 170 240
下水道(20㎥使用時) 100 208 210 243 367
通信 電話 (平日昼間3分間) 市内通話 100 167 511 244 189
長距離通話(160km) 100 206 55 26 25
公衆電話 100 170 337 650 320
運輸 鉄道 特急(300km換算)
表定速度150km/時未満
100 82 113
普通(100km換算) 100 91 422 149 165
地下鉄(初乗り) 100 159 233 148 131
バス(初乗り) 100 128 123 119 105
タクシー(昼間5km走行) 100 63 99 61 100

備考

  • 平成25年度消費者庁委託調査。本調査結果は、条件の設定や為替レートの変動等により影響を受けるものであり、一つの指標として捉えることが適当。
  • 日本は東京、アメリカはニューヨーク、イギリスはロンドン、フランスはパリ、ドイツはベルリン(鉄道運賃のみフランクフルト)を対象。
  • 為替レートは、Main Economic Indicators (OECD)の平成26年2月値を採用。アメリカ:1ドル=102.02円、イギリス:1ポンド=168.91円、フランス・ドイツ:1ユーロ=139.37円を上記の全ての料金に適用。
  • 表定速度とは、列車の運転区間の距離を、運転時間(駅間の走行時間に途中駅の停車時間を加えた時間)で除したもの。
  • 本調査の対象事業等は[付注]参照。
【付注】内外価格差調査の対象事業者等
公共料金の種類 日本 アメリカ イギリス フランス ドイツ
エネルギー・水 電気(290kWh使用時) 東京電力 コンソリデーテッド・エジソン セントリカフランス電力(EDF) E.ON
都市ガス(55万kcal使用時) 東京ガス ベルリンガス事業体
(GASAG)
上水道(20m³使用時) 東京都水道局 ニューヨーク市水道局 テムズ・ウォーター パリ水道局 ベルリン水道公社
(BWB)
下水道(20m³使用時) 東京都下水道局 パリ下水道事務組合(SIAAP)
通信 電話 (平日昼間3分間) 市内通話 NTT東日本及びNTTコミュニケーションズ ベライゾン・ニューヨーク及びベライゾン・ロング・ディスタンス ブリティッシュ・テレコム フランス・テレコム ドイツ・テレコム
長距離通話(160km)
公衆電話 NTT東日本 パシフィック・テレマネジメント・サービス
運輸 鉄道 特急(300km換算)
  • 表定速度150km/時未満
R本州3社幹線のA特急(大阪~金沢) 全米鉄道旅客公社(ニューヨーク~ワシントンDC) ドイツ鉄道(フランクフルト~ハノーファー)
普通(100km換算) JR本州3社幹線運賃 メトロ・ノース鉄道(ニューヨーク~ミルフォード) ナショナル・エクスプレス・イースト・コースト(ロンドン~ピーターボロー) フランス国鉄 ドイツ鉄道(フランクフルト~シファーシュタット)
地下鉄(初乗り) 東京メトロ ニューヨークシティー・トランジット・オーソリティー(NYCT) ロンドン交通局(TFL) パリ交通公団(RATP) ベルリン市交通局(BVG)
バス(初乗り)東京都交通局
タクシー(昼間5km走行) 東京ハイヤー・タクシー協会 ニューヨーク市タクシー・リムジン委員会(TLC) ロンドン交通局(TFL) パリ警視庁 タクシー・ベルリン

担当:消費者調査課