文字サイズ
標準
メニュー

1.公共料金の改定状況

「物価問題に関する関係閣僚会議」を経て改定した公共料金
(平成24年度~平成29年度)

改定等年月日 案件
平成24年9月1日 東京電力(株)の料金改定
(家庭用電気料金:8.46%値上げ)
平成24年10月1日 NTT東西のプライスキャップ設定
(基準料金指数:92.7 ※平成12年4月1日時点の料金水準を100とした場合)
平成25年5月1日 関西電力(株)及び九州電力(株)の料金改定
(家庭用電気料金:関西9.75%値上げ、九州6.23%値上げ)
平成25年9月1日 東北電力(株)、四国電力(株)及び北海道電力(株)の料金改定
(家庭用電気料金:東北8.94%値上げ、四国7.80%値上げ、北海道7.73%値上げ)
平成26年4月1日 消費税率引上げに伴う料金等の改定
  • 定形郵便物(25グラム以下のものに限る。)及び料金上限規制の対象となる25グラム以下の信書便物の料金の上限の改定
    (25グラム以下の定型郵便物の上限料金:80円 → 82円)
  • 公共料金等(鉄道、バス、タクシー及びたばこ)の改定
    (鉄道、バスはICカード1円単位運賃導入 等)
平成26年5月1日 中部電力(株)の料金改定
(家庭用電気料金:3.77%値上げ)
平成26年11月1日 北海道電力(株)の料金改定
(家庭用電気料金:15.33%値上げ)
平成27年6月1日 関西電力(株)の料金改定
(家庭用電気料金:8.36%の値上げ)
平成27年7月1日 NTT東西のプライスキャップ設定
(基準料金指数:94.8 ※平成12年4月1日時点の料金水準を100とした場合)
平成29年1月30日 一般乗用旅客自動車運送事業(東京都特別区・武三地区)の運賃改定
(初乗り2.0km 730円 → 1.052km 410円 等))

所管省庁と消費者庁が協議を行い改定等を実施した公共料金(平成29年度)

改定等年月日 案件
平成29年4月1日 国内製造たばこの小売定価の改定
(ゴールデンバット 260円 → 290円 等)
平成29年4月1日 自動車損害賠償責任保険基準料率の改定
(原動機付自転車 7,280円 → 7,500円(※12か月契約の場合の基準料率) 等)
平成29年4月21日 名古屋地区タクシーの運賃改定
(中型初乗り:1.264km 500円 → 普通初乗り:1.05km 450円 等)
平成29年8月1日 福岡市(福岡A地区)タクシーの運賃改定
(中型初乗り:1.6km 750円 → 普通初乗り:1.6km 680円 等)
平成29年10月1日 宮城交通(株)のバス運賃改定
(普通運賃の初乗り 130円 → 150円 等)
平成29年10月1日 輸入製造たばこの小売定価の改定
(マールボロ 460円 → 470円 等)
平成30年2月25日仙台市(宮城県A地区)タクシーの運賃改定
(中型初乗り:1.7km 680円 → 普通初乗り:1.5km 670円 等)

担当:消費者調査課