文字サイズ
標準
メニュー

消費者の財産被害に係る行政手法研究会

消費者が主役となる社会を実現するためには、消費者の利益を守り、増やしていくための基本的な制度や枠組みを作るとともに、消費者が個人として尊重され、また主体的に行動できる環境が必要不可欠です。

消費者庁では、消費者が主役の社会の実現に向け、消費者政策に関する基本的な制度や環境の整備を進めてまいります。

消費者の財産被害に係る行政手法研究会情報

消費者の財産被害に係る行政手法研究会取りまとめについて

第18回消費者の財産被害に係る行政手法研究会(平成25年6月3日)

第17回消費者の財産被害に係る行政手法研究会(平成25年4月25日)

第16回消費者の財産被害に係る行政手法研究会(平成25年3月26日)

第15回消費者の財産被害に係る行政手法研究会(平成25年2月21日)

第14回消費者の財産被害に係る行政手法研究会(平成25年1月25日)

第13回消費者の財産被害に係る行政手法研究会(平成24年12月17日)

第12回消費者の財産被害に係る行政手法研究会(平成24年11月19日)

第11回消費者の財産被害に係る行政手法研究会(平成24年10月26日)

第10回消費者の財産被害に係る行政手法研究会(平成24年9月18日)

第9回消費者の財産被害に係る行政手法研究会(平成24年7月23日)

第8回消費者の財産被害に係る行政手法研究会(平成24年6月27日)

第7回消費者の財産被害に係る行政手法研究会(平成24年5月15日)

第6回消費者の財産被害に係る行政手法研究会(平成24年4月3日)

第5回消費者の財産被害に係る行政手法研究会(平成24年2月27日)

第4回消費者の財産被害に係る行政手法研究会(平成23年12月6日)

第3回消費者の財産被害に係る行政手法研究会(平成23年11月15日)

第2回消費者の財産被害に係る行政手法研究会(平成23年11月7日)

第1回消費者の財産被害に係る行政手法研究会(平成23年10月18日)

担当:消費者制度課