文字サイズ
標準
メニュー

福井内閣府特命担当大臣記者会見要旨
(平成30年4月20日(金)9:30~9:35 於:中央合同庁舎第8号館1階S103記者会見室)

1.発言要旨

本日20日の夜から沖縄入りをさせていただき、21日から22日にかけまして、沖縄視察をいたします。
就任後4回目となる今回は、石垣島、西表島、鳩間島を訪れます。そして、石垣港旅客船ターミナル暫定供用式典に出席いたします。そのほか、離島における人材育成事業や現地企業の取組などを視察させていただく予定でございます。
また、22日日曜日には、沖縄本島で開催されている沖縄国際映画祭のクロージングセレモニーに出席する予定でございます。
今回は、離島の置かれた現状、課題を直接把握させていただき、今後の沖縄振興に生かしてまいりたいと思っている次第でございます。

2.質疑応答

朝日新聞の黒石と申します。
明日から靖国神社で春の例大祭が始まるんですけども、大臣としては参拝する考えというのはございますか。

参拝する予定はございません。

続けてなんですけども、真榊の奉納もする予定はございませんか。

ございません。

NHKの佐久間です。
財務省の福田次官が辞任の意向を示されてますけれども、(国税庁)長官といい、次官といい、次官級職員が2人、相次いで短期間で辞めるという、今の財務省の現状ですけども、安倍内閣の一員として、福井大臣、どのように受け止めてらっしゃいますでしょうか。

報道については承知させていただいておりますが、本件につきまして直接コメントする立場にはございません。
いずれにしましても、政府としては、今後一層の緊張感をもちまして、行政の信頼回復に向けて取り組んでいくということに尽きると存じております。
昨日の菅官房長官の御発言でも、「財務次官が辞任に至ったことは誠に遺憾であります。」とおっしゃっております。そして今、私が申し上げたように、政府としては「今後一層の緊張感をもって行政の信頼回復、これに取り組んでもらいたい、このように思います。」ということで、官房長官の発言、そのまま私としても受け止めさせていただいているということでございます。

琉球新報の仲村です。
先ほど、今日から沖縄入りするということで、石垣などを訪れるということなんですけれども、大臣の今の沖縄の離島についての御認識と、もう少し具体的に、石垣など行かれて、どういったことを視察したいとしたいと考えているのかというのを、ありましたら教えてください。

具体の場所を少し御紹介させていただきますと、石垣島では、石垣空港、先ほど申し上げました石垣港、新八重山病院、6次化の現場である伊盛牧場、IT事業支援センター、ユーグレナ研究所。西表島では、製糖工場、環境省野生生物保護センター、駐車場整備事業。鳩間島では、鳩間小学校を含む離島留学支援施設を回らせていただきたいと思っております。
正に離島こそ、この担当の現場中の現場という気持ちで視察させていただき、そして、振興策、施策に生かしていきたいと思っております。