当サイトについて

消費者教育とは

近年、経済の仕組みの変化や規制緩和の流れの中で、消費者トラブルは多発し、その内容も複雑化、高度化しており、消費者教育の重要性は高まってきています。

その中で、自らの利益の擁護及び増進のために自主的かつ合理的に行動し、消費者の権利を実現するように努め、自ら進んで、消費生活に関して必要な知識を修得し、必要な情報を収集するなど、自主的かつ合理的に行動するように努める消費者-すなわち「自立した消費者」の育成を目指すことが、消費者教育の理念です。

これから消費者教育を始める方は、ぜひ教員・講師のための消費者教育ティーチングガイド別ウィンドウで開くをご参照ください。

イラスト

消費者の権利

消費者が安全で安心できる消費生活を実現するため、消費者保護基本法を抜本的に見直し、平成16年6月に「消費者基本法」が定められました。

消費者基本法では、右の6つの項目が消費者の権利として位置付けられました。

<消費者の権利>
  1. 安全が確保されること
  2. 選択の機会が確保されること
  3. 必要な情報が提供されること
  4. (消費者)教育の機会が確保されること
  5. 意見が政策に反映されること
  6. 被害の救済がなされること

消費者教育ポータルサイトとは

消費者教育の基盤整備として、消費者教育に関する様々な情報を提供するサイトです。

自ら消費者としての知識を修得したいと考えている方、学校や社会の様々な場面で消費者教育を実施したいと考えている方、消費者教育に関心のあるあらゆる方々にご利用いただければ幸いです。