あなたのお子さんは安全?

 3~6か月 程度

9.電気毛布や電気あんかなどによる低温やけど
電気毛布や電気あんかなどによる低温やけど(イメージ1)
 電気毛布や電気あんかなどを使用する際は、寝床が暖まったら電源を切ったり、温度設定を下げるなど注意しましょう。
 
 電気毛布や電気あんかなどを体の同じ場所に長時間接触させて使うと低温やけどを負うおそれがあります。低温やけどは、じわじわと皮膚の深い部分まで達するので、痛みを感じにくく、特に赤ちゃんはやけどをしたことに気づかず、重症となる傾向があります。
印刷はこちら
○ 消費者庁における過去の注意喚起情報
  ・冬の事故やトラブルに注意!
○ 子どもの発達とおこりやすい事故(和歌山県御坊保健所資料)
○ 皆様からお寄せ頂いた体験談や工夫の紹介
○ 不慮の事故や一般的な病気に関する対処方法等の情報
  ・こどもの救急((社)日本小児科学会ホームページ)

このページの先頭へ



Copyright © 2010 Consumer Affairs Agency,Government of Japan. All Rights Reserved.