あなたのお子さんは安全?

 3~6か月 程度

5.小さなおもちゃなどの誤飲
小さなおもちゃなどの誤飲(イメージ1)
 赤ちゃんの口に入る大きさ(およそ直径32ミリ以下)のスーパーボールなどのおもちゃやアクセサリーなどの小物、ティッシュペーパー、乾燥剤などは、赤ちゃんの手の届く場所に置かないようにしましょう。
 
 5か月くらいになると、赤ちゃんは物をつかめるようになり、つかんだものを口に入れて遊んだり、誤飲するおそれがあります。特に、ボタン電池の場合は、食道や胃の粘膜にやけどと似たような症状を起こしたり、胃の中で壊れると、胃に穴を開けてしまうおそれがあるので、すぐに医師の診察が必要です。
印刷はこちら
○ 消費者庁における過去の注意喚起情報
  ・子どもの誤飲事故防止に関する対応-子ども用金属製アクセサリーの調査結果を踏まえて-
○ 子どもの発達とおこりやすい事故(和歌山県御坊保健所資料)
○ 皆様からお寄せ頂いた体験談や工夫の紹介
○ 不慮の事故や一般的な病気に関する対処方法等の情報
  ・こどもの救急((社)日本小児科学会ホームページ)

このページの先頭へ



Copyright © 2010 Consumer Affairs Agency,Government of Japan. All Rights Reserved.