あなたのお子さんは安全?

 2~3歳 程度

1.マッチ、ライターによるやけど
マッチ、ライターによるやけど(イメージ1)
 マッチやライターを使ったら、子どもの手が届かないところに片付けておきましょう。また、新しくライターを購入する時は、「PSCマーク」の有無を必ず確かめるようにしましょう。
 
 使い捨てライターや多目的ライターを対象に、国が定めた技術基準に適合していない場合は販売が禁止されています。基準に適合したものは、高い安全性を備えるとともに、子どもが簡単に操作できないような幼児対策(チャイルドレジスタンス)が施され、「PSCマーク」が表示されています。ただし、子どもは大人の使い方を学習するので、この機能だけに頼るのではなく、注意を払いましょう。
 
 子どものマッチやライターによるいたずらのために、やけどをしたり、火災が起きたりしています。
印刷はこちら
○ 消費者庁における過去の注意喚起情報
  ・ライターの火遊びによる火災防止に関する取組みについて
○ 子どもの発達とおこりやすい事故(和歌山県御坊保健所資料)
○ 皆様からお寄せ頂いた体験談や工夫の紹介
○ 不慮の事故や一般的な病気に関する対処方法等の情報
  ・こどもの救急((社)日本小児科学会ホームページ)

このページの先頭へ



Copyright © 2010 Consumer Affairs Agency,Government of Japan. All Rights Reserved.