あなたのお子さんは安全?

 1~2歳 程度

10.薬・化粧品・洗剤などの誤飲
薬・化粧品・洗剤などの誤飲(イメージ1)
 薬や除光液などの化粧品・洗剤などは、子どもの手が届かないところに片付けるようにしましょう。
 
 子どもは大人のまねをしたがり、お母さんが使っている化粧品や大人が飲んでいる薬を引き出しなどから取り出し、飲んでしまうことがあります。また、見た目がペットボトル飲料やお菓子などにそっくりな入浴剤、清涼飲料水にそっくりなアルコール飲料などを、誤って飲んだり食べてしまうことがあります。薬や洗剤などの誤飲は、場合によっては重大な症状を引き起こすことがあります。
印刷はこちら
○ 消費者庁における過去の注意喚起情報
  ・飲食物に似ている商品の誤飲・誤食に注意!
○ 子どもの発達とおこりやすい事故(和歌山県御坊保健所資料)
○ 皆様からお寄せ頂いた体験談や工夫の紹介
○ 不慮の事故や一般的な病気に関する対処方法等の情報
  ・こどもの救急((社)日本小児科学会ホームページ)

このページの先頭へ



Copyright © 2010 Consumer Affairs Agency,Government of Japan. All Rights Reserved.