あなたのお子さんは安全?

 Ⅵ.ベビーカー・車・自転車 1-3歳頃

4.自転車に関連する事故
自転車に関連する事故(イメージ1)   自転車に関連する事故(イメージ2)
 自転車用幼児座席は、販売店で適切に取り付けてもらいましょう。使用に当たっては、体重制限に注意し、足乗せを踏み台として使用しないようにしましょう。また、幼児を自転車に乗せる際は、シートベルトの装着とともに、頭部のけがを防ぐため、必ずヘルメットを着用させましょう。さらに、幼児2人同乗自転車では、「乗せる時には後部座席から前部座席」、「降ろす時には前部座席から後部座席」、の順番を守ることが大切です。1歳未満の赤ちゃんは頭を支える力が弱く、ヘルメットの着用で首への負担が大きくなることがあるので、同乗させないようにしましょう。
 
 自転車用幼児座席の足乗せが折れてしまい、子どもの足が車輪に巻き込まれけがをしたり、幼児座席使用時にバランスを崩し転倒する事故が起きています。
 
印刷はこちら
※自転車用幼児座席の足乗せが折れる事故に関しては、販売会社のリコール情報に注意しましょう。

このページの先頭へ



Copyright © 2010 Consumer Affairs Agency,Government of Japan. All Rights Reserved.