あなたのお子さんは安全?

 Ⅵ.ベビーカー・車・自転車 9か月-3歳頃

3.車に関連する事故
車に乗っている時の事故
(イメージ1)    車に乗っている時の事故(イメージ2)
 車のドアやパワーウインドを閉めるときは、窓などから赤ちゃんの顔や手が出ていないか確認しましょう。閉める前に、「閉めるよ」、「危ないから近づかないで」と一声かけるだけで、多くの事故が防げます。また、赤ちゃんが窓を自分で操作したり、窓の上端に手が届かないようにするため、ロック機能とチャイルドシート(5歳児までは義務)を使用しましょう。さらに、シートベルトを引っ張るなどして遊ばせないようにしましょう。
 
車のドアやパワーウインドを閉めるとき、赤ちゃんの手があるのに気づかず閉め、手や指をはさんでしまうと、柔らかい赤ちゃんの指は重傷を負ってしまいます。また、シートベルトで遊んでいると、ベルトが巻き戻った際に、赤ちゃんの首や体にベルトが絡まり、窒息するなどの危険があります。
 
印刷はこちら

このページの先頭へ



Copyright © 2010 Consumer Affairs Agency,Government of Japan. All Rights Reserved.