あなたのお子さんは安全?

 Ⅵ.ベビーカー・車・自転車 0-2歳頃

1.ベビーカーの脱輪による事故
ベビーカーの脱輪による事故(イメージ1)
 ベビーカーで、道路の段差などを無理に通ったり、重い荷物をぶら下げたりすると、車輪などが外れ、ベビーカーが転倒し、赤ちゃんがけがをするなどの事故につながるおそれがあります。
 
 道路の段差などで、ベビーカーに大きな衝撃を与えないようにするとともに、ハンドルに重い荷物を掛けたり無理な力を加えないようにしましょう。また、使用する前には必ず車輪やハンドルなどにゆがみや緩みがないか確認しましょう。
 
印刷はこちら
もしものときは・・・?
○頭を打った場合
・意識がない、出血がひどい、くり返し嘔吐があるときには、救急車を呼ぶか、至急病院へ行きます。
・顔色が悪く元気がないときは、小児科や脳外科を受診します。
・意識があって、元気なときでも、24時間安静にして様子をみます。
・こぶができた程度なら、安静にして冷たいタオル等で冷やします。
○腕や足の骨折や脱臼の可能性がある場合
・添え木、三角巾などで固定し、その部分を動かさないようにして、整形外科を受診します。

このページの先頭へ



Copyright © 2010 Consumer Affairs Agency,Government of Japan. All Rights Reserved.